コロナ危機、企業の生き残り策は富士フイルムを手本にせよ!医療ヘルスケア企業への大変身の画像1
富士フイルムホールディングス HP」より

 新型コロナウイルスの感染拡大によって、富士フイルムホールディングス(HD)がインフルエンザ治療薬として開発したアビガンへの注目が高まっている。かつて同社は、写真フイルムメーカーとして米イーストマン・コダックとシェアを争った。その富士フイルムHDが、今、大変身に成功して医療・ヘルスケア企業として成長している。

 一方、同社のライバルであったコダックは、写真フイルムの生産という枠から経営の発想を広げることができず経営破たんした。まさに企業の栄枯盛衰を目の当たりに見る思いがする。

 両社の分岐点になったのは、企業が環境の変化に対応するスタンスだ。富士フイルムHDは、思い切って医薬品を手掛けるようになった。一方のコダックは写真フイルムに固執した。そこに両社の違いが鮮明に出た。

 経営にとって最も重要なファクターは、いかに環境変化に対応できるかだ。その中で、経営者の意思決定は重要だ。2000年代に入り、世界の写真フイルム市場は急速に縮小した。富士フイルムHDのトップはフイルム事業ではじり貧に陥ると危機感を強めた。フイルム技術の応用を目指し、磁気テープや記録媒体、複合機など光学技術が応用できる分野に進出した。なかでも、同社は医療・ヘルスケア分野において長期的に需要が見込めると判断し、経営資源を再配分している。

 コロナショックを境に、世界経済はメガチェンジと呼ぶべき大きな変化に直面している。企業が長期の成長、存続を目指すうえで、同社の変革から学ぶことは多い。

コロナ禍で明らかになる富士フイルムの実力

 コロナショックの発生によって、富士フイルムHDの実力が明らかになったといえる。2020年3月期、純利益は前年度から9%減だった。オフィス関連事業などを手掛ける競合企業と比較した場合、同社の収益の落ち込み方は相対的に小さい。

 それを支えたのが、ヘルスケア関連事業だ。また、他の事業における構造改革も収益を支えた。ここから示唆されることは、企業にとってコア・コンピタンス(企業の競争力を支える中核となる要素)を明確に認識し、それを活かして成長期待の高い分野に進出することの重要性だ。

 富士フイルムHDのコア・コンピタンスの一つに、色再現技術がある。例えば、カラー写真の場合、私たちが肉眼で認識した色彩が鮮明に写真上で再現されなければならない。そのために、同社はフイルムだけでなく、レンズの開発など画像を処理する技術を磨いた。

 同時に、環境は変化する。特定の技術を用いて、特定のモノなどを生産することで企業の長期存続が実現できるわけではない。富士フイルムHDの場合、デジタル化の脅威への対応が求められた。デジタルカメラ、スマートフォンが普及し、写真フイルム需要は低下したからだ。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ