日本海軍の主力戦艦「金剛」の副砲か…ナウル共和国で発見、謎の大砲にネット議論白熱の画像1
戦艦「金剛」(Wikipediaより)

 南太平洋に浮かぶ数百の島からなるソロモン諸島とその北東に位置するナウル共和国。それぞれ美しい海で知られ、多くの日本人が訪れる国際観光地でもある一方、太平洋戦争中、日米両軍の激戦地であったことでも知られる。ソロモン諸島政府観光局が10日、Twitter上で日本のフォロワーに投げかけた投稿に日本のフォロワーの間で、議論が白熱している。「ソロモンの隣国ナウル共和国で謎の日本軍の大砲」が見つかったというのだ。フォロワーから寄せられるさまざま意見の中には戦時中、インド洋から太平洋にかけて主だった海戦に参加し、ファンも多い日本海軍の高速戦艦「金剛」のものではないかとの指摘もある。

ナウル共和国で眠っていた“謎の大砲”

 ソロモン諸島政府観光局は10日、“謎の大砲”の写真とともに以下のように投稿した。

「第6弾はナウル共和国 グランドラー 元ナウル共和国官房長官が写真を送ってくださいました 旧日本軍が遺棄したものだそうですが、75年以上を経て、この状態で残っています 名称わかる方いましたら、是非、教えてください こちらもフリー素材です」(原文ママ、以下同)

 この投稿に対して、ユーザーはさまざまな資料と比較し、専門用語を交えて以下のように検証作業が進んだ。

「一致すると思われる部分を照らし合わせると、1908年設計の41式150mm45口径海軍砲ではないかと挙げます」

「金剛型・扶桑型の副砲、阿賀野型の主砲ですね 海軍陸戦隊の装備品だと思われるので、これを陸に上げて水際作戦を行ってたと想定されます結構珍しい資料だと思われます」

「鎖栓式閉鎖機が綺麗に脱落しているのか、隔螺式閉鎖機を採用していた砲なのか。この尾栓周りだと後者っぽい感じですがそうなると九二式カノンや九六式15榴ではなく十四年式カノン辺りが候補ですが砲身に比べ他のパーツが残ってなさすぎて本当に野戦砲なのかすら自信がない謎砲ですね」

別アングルの写真も公開=戦艦「金剛」のもの?

 その後、ソロモン諸島政府観光局は別アングルの写真をアップ。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合