アマゾンを支える「SBS」とは何者?運輸業界の異端児、大手の一角に急成長した手法の画像1
SBSホールディングス HP」より

 物流サービスSBSホールディングスは5月26日、東芝傘下の東芝ロジスティクスの株式66.6%を約200億円で取得し、連結子会社にすると発表した。10月1日をメドに東芝ロジの株式取得を完了し、2021年1月から連結対象とする。東芝ロジの子会社15社もSBSHDの傘下に入る。東芝ロジは大型の精密機器の輸送に強みをもつ。SBSHDは取り扱い貨物の幅を広げ、国際輸送の強化につなげる。

 東芝は米国の原子力発電事業の巨額損失により経営危機に陥り、経営再建を進めている。18年度に策定した19~23年度の中期経営計画では、国内外の子会社の25%削減を掲げる。今回の株式の売却により、東芝ロジの子会社を含めて16社が連結対象から外れる。東芝ロジの残り33.4%の株式は東芝が引き続き保有する。

リコー物流子会社の買収で業績が大幅に向上

 SBSHDはM&Aを成長の糧にしてきた。18年8月、リコーの物流子会社、リコーロジスティクスの発行済み株式の66.7%を約180億円で取得した。残る33.3%は、リコーが大塚商会との共同出資会社を通じて保有を続けている。リコーは主力の事務機器が低迷していた。半導体子会社を売却するなど事業整理を進めてきた。リコーロジの売却で、リコーは19年3月期に約120億円の売却益を計上した。

 リコーロジは、19年1月、商号をSBSリコーロジスティクスに変更。20年4月、国内子会社6社を合併し、SBS三愛ロジスティクスとして再スタートを切った。SBSHDはリコーロジ買収をテコにして、企業物流を一括して請け負う「3PL」を中心とした事業拡大につなげた。

 SBSHDの2019年12月期の連結決算は、売上高が前期比25.6%増の2555億円と過去最高となった。営業利益は23.5%増の101億円、純利益が37.9%増の60億円だった。リコー系物流会社SBSリコーの業績が通年で寄与した。SBSリコーの売上高は745億円で全売上高の3割を占め、営業利益は16億円をあげた。20年12月期の連結業績予想は、売上高は前期比3.7%増の2650億円、営業利益は10.1%増の112億円、純利益は6.9%増の65億円を見込む(増加率は億円以下の数字を加味している)。

 東芝ロジの買収で合計売上高は3800億円となり、SBSHDによると「陸運倉庫業界で第10位の企業規模になる」という。新興運輸会社、SBSHDはベスト10の一角に食い込むほどの急成長を遂げた。

小が大をのむ買収で急成長

 創業者の鎌田正彦社長(61)は宮崎県延岡市生まれ。小学生の頃、父親の事業の失敗を経験。中学時代からアルバイトに明け暮れた。宮崎県立延岡高校卒業後、佐川急便に入社し、8年間ドライバーとして勤務。起業資金を貯めて独立。1987年12月、1都3県での即日配送をセールスポイントにした関東即配を設立、軽トラック数台で仕事を始めた。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ