NEW
篠崎靖男「世界を渡り歩いた指揮者の目」

音楽史上最大の謎、モーツァルト“幻の交響曲”に新事実…従来の仮説を覆す発見か

文=篠崎靖男/指揮者
音楽史上最大の謎、モーツァルト幻の交響曲に新事実…従来の仮説を覆す発見かの画像1
「Getty Images」より

 2009年、米バージニア州在住のある女性が大好きな蚤の市をぶらぶらしていたところ、なんの変哲もない箱が目にとまりました。その中には、人形やプラスチック製の牛の置物と一緒に絵画が入っていたそうです。絵画そのものよりもその額縁が気に入った彼女は、たった7ドルで購入して家に持ち帰ったのですが、絵自体はそのまま放っておいたそうです。

 それから2年半後のことです。絵の教師をしている画家の母親が訪れた際に、その絵を見て驚きました。慌てて専門家の鑑定を受けたところ、それはフランス印象派を代表する画家、ルノアールが、1879年に当時の愛人のために描いたとされるセーヌ河畔の風景画で、評価額は10万ドル(約1100万円)にも上るとみられたのです。通常、ルノアールの絵画は数億円の価値がありますが、この絵はルノアールが愛人とセーヌ川沿いのレストランで食事をしている際にリネンのナプキンにさらさらと描いたもので、傷みもあり、このくらいの評価額しかありませんが、それでも本物のルノアールです。

 その後、この絵をめぐって裁判沙汰になりました。実はこのお宝は、1951年に米ボルティモアの美術館から盗まれて行方不明になっていたのです。それから60年もたって、どのようにして蚤の市で売られていた箱の中に納まったのかは不明ですが、最終的には「盗品の所有権は移らない」という理由で無事、美術館に戻ることになりました。

 まるで『開運!なんでも探偵団』(テレビ東京系)のような話です。最近でも、今年1月、23年前にイタリアの美術館で盗難にあったクリムトの名画「夫人の肖像」が、同じ美術館の壁にある小さな扉の中から発見されたことが話題になりました。なんと評価額は73億円の名画です。

 このような絵画の盗難の話は、ほかにも結構あります。最も有名なのは、1911年に仏パリのルーブル博物館からレオナルド・ダ・ヴィンチの大傑作「モナ・リザ」が盗まれた事件でしょう。2年後、イタリアの美術館に売ろうとやって来た犯人とともに無事、見つかったのですが、実際には、名画を盗んでも売ることは不可能といわれています。有名な画家の作品が盗難に遭えば、そのニュースはあっという間に世界の津々浦々に伝わってしまうので、のこのこ売りに来ても、そのまま刑務所送りとなります。そうでなくても、世界の名画を持ち込んで来ただけで怪しく思われてしまうでしょう。

 これは、高価な弦楽器の世界でも同じです。たとえば、イタリアの有名な弦楽器、ストラディヴァリウスなどは、すべてがリストアップされて世界中の楽器商に知られています。うまく盗めたとしても売ることはできず、結局は捨てる羽目になるだけです。

 本連載記事『盗まれた3億8千万円のストラディヴァリウス、無事に戻ってきた奇想天外な顛末』で詳述しましたが、僕がロサンゼルス・フィルハーモニックの副指揮者を務めていた頃、首席チェロ奏者が3億8000万円のストラディヴァリウスのチェロを盗まれた事件がありました。しかし、あっという間にニュースで話題となり、泥棒もごみ置き場に捨てておくしかなかったのです。その後、偶然通りがかった女性が家に持ち帰り、テレビでチェロ盗難のニュースを見て、無事に楽器は戻ってきたのです。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ