NEW

セブンイレブン、今買うと後悔する食品5選…うま辛チキン、フライドポテト、牛乳寒天

文・取材=「買うべき・買ってはいけない調査班」from A4studio
【この記事のキーワード】

, ,

 大手コンビニチェーンのセブン-イレブン。新型コロナウイルス感染拡大の影響によって、コンビニ業界全体の売上が減少傾向にあるなか、6月度のセブン既存店売上高は前年同月比で101.0%となり、3カ月ぶりに前年の売上高を超えた。ほかの大手チェーンはいまだ減少傾向にあるため、国内最大手の底力を見せつけたというところだろう。

 さて、セブンの食品といえば、お弁当やチルド麺といった主食から、ちょっとしたスイーツまで幅広いラインナップで、いずれも高クオリティな食品が多いことでも有名だ。だが、なかには買ってみると期待とは違っていたという商品もちらほら……。

 そこで今回は、セブン-イレブンの食品をリサーチし、「この夏、買ってはいけない商品」を5つセレクト。あくまで「買うべき・買ってはいけない調査班」の独断ではあるが、買い物の際に参考にしていただければ幸いである。

みかんの牛乳寒天/203円(税込、以下同)

セブンイレブン、今買うと後悔する食品5選…うま辛チキン、フライドポテト、牛乳寒天の画像1

 去年の春に当サイトで掲載した記事『セブンイレブン、“感動”品質の「とみ田ラーメン豚骨醤油」「オマール海老のビスク」』では、買うべき商品として「セブンプレミアム牛乳寒天3個パック」を紹介した。しかし、今回紹介する「みかんの牛乳寒天」は、同じ牛乳寒天でも買ってはいけない商品といわざるを得ない。

 この商品は牛乳寒天でありながら、ミルクの風味は薄っすらと香る程度であり、甘さだけが続くうえに量が多いため、途中で飽きてしまうという声が多いのである。決して味が極端に不味いというわけではないのだが、掴みどころのない甘さが淡々と続くため新鮮さはなく、惰性で食べ進めることの虚しさを感じた人も少なくないだろう。

 みかんの果肉はフレッシュで美味しいのだが、表からはたっぷり入っているように見えるのに対して、実際は上部などに集中しているため、みかんの量に期待して購入すると落胆してしまうこともありそうだ。みかんが目当てでも、牛乳寒天が目当てでも、この夏を乗り切るためのご褒美スイーツとして買うと、期待外れとなってしまうかもしれない。

フライドポテト/162円

セブンイレブン、今買うと後悔する食品5選…うま辛チキン、フライドポテト、牛乳寒天の画像2

 セブン-イレブンのホットスナックコーナーには美味しい商品や、コストパフォーマンスに優れた商品もあるのだが、昨年夏掲載の記事『セブンイレブン、買うとガッカリな商品5選!ミニ冷し中華、冷しちく玉天うどん…』で紹介した「チキンナゲット 5個入り」のように、イマイチな商品も存在する。定番商品として並んでいる「フライドポテト」もそのひとつだ。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ