NEW

セブンイレブン、買うとガッカリな商品5選!ミニ冷し中華、冷しちく玉天うどん…

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
セブンイレブンの店舗(「wikipedia」より/KishujiRapid)

 

 現代人の生活に、すっかり欠かせないものとなっているコンビニエンスストア。残業などで生活リズムが不規則になってしまいがちなビジネスパーソンにとって、24時間いつでも安定した味の食事が取れるコンビニ食品は貴重な存在だろう。

 さて、日本を代表するコンビニのひとつといえばセブン-イレブンである。スマートフォン決済サービス「7pay(セブンペイ)」にまつわるセキュリティ問題でイメージダウンしてしまったが、7月11日に初めて沖縄県に出店し、これで47都道府県を網羅。全国の店舗数は、実に2万を超えている。

 しかし、そんなセブン-イレブンでも、コスパやクオリティの面からあまりおすすめできない商品が販売されているのだ。今回は「Business Journal 買うべき・買ってはいけない調査班」の独自リサーチにより、セブン-イレブンの「この夏、買ってはいけない商品5選」を、食品に絞って紹介していこう。

コシとのど越しが自慢 ざる蕎麦/356円

 最初にピックアップするのは「コシとのど越しが自慢 ざる蕎麦」。麺を持ち上げるとぶちぶち切れてしまい、商品名で謳われているようなコシは、ほぼ感じられなかったというのが実際のところだ。付属のネギには程よい辛味があったし、つゆの味にも特に悪いところはなかっただけに、なおさら麺のガッカリ度が際立ってしまったかたちである。

 どんなに暑い日でもするする食べられてしまうざるそばは夏の風物詩だが、麺があらかじめ茹で上がった状態で売られているコンビニのチルドそばには、やはり限界があるといえるだろう。セブン-イレブンでは買わずに、街中の安価な立ち食いそば屋などに行くことをおすすめしたい。

ツルッともっちり! 冷しちく玉天うどん/464円

 この「ツルッともっちり! 冷しちく玉天うどん」、うどんは確かにもっちりしており、先述した「ざる蕎麦」と比べても、コンビニのチルド商品としては文句ないクオリティを誇っている。しかし、上に乗ったちくわと玉子の天ぷらが残念だった。

 冷えた衣の天ぷらは非常にパサパサとしており、果たしてこれを本当に天ぷらと呼んでいいのかという疑問が頭をよぎったほど。むしろ、玉子とちくわを揚げずにそのままトッピングしてくれていたほうがベターだったかもしれない。

 夏のチルド冷やし麺は種類が豊富だが、その分、当たり外れが出てきてしまうのは避けられないようだ。購入する前には一度、味や食感をじっくり想像してみよう。

セブンイレブン、買うとガッカリな商品5選!ミニ冷し中華、冷しちく玉天うどん…のページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事