NEW
石原結實「医療の常識を疑え!病気にならないための生き方」

コロナより年間死亡者が多い熱中症、マスク着用によりリスク上昇…医師が教える予防法

文=石原結實/イシハラクリニック院長、医学博士
【この記事のキーワード】

, ,

コロナより年間死亡者が多い熱中症、マスク着用によりリスク上昇…医師が教える予防法の画像1
「Getty Images」より

 長い梅雨が明ければ、猛暑が到来する。猛暑の時期に一番心配なのは、いわずもがな熱中症である。文字通り「熱に中(あた)る」ことで、脱水症や血液中の塩分(Na=ナトリウムやK=カリウム、Mg=マグネシウムなど)のバランスの乱れが生じ脳細胞がダメージを受け、頭痛、めまい、吐き気、ひどくなると幻覚・幻聴、せん妄(意識低下)を引き起こす病態である。

 2019年は5月から9月までの間に、約7万人が熱中症のため緊急搬送され、そのうち、1221人が死亡している。猛暑だった2018年の熱中症死は1581人で、うち65歳以上が1288人。これは、この5カ月の新型コロナウイルス感染による死亡者より多い。

 熱中症による死亡は40歳から徐々に増え、65歳より急上昇し、70代後半から80代の半ばがピークになる。

 今年の夏はコロナ対策のために暑くてもマスクを着ける人がほとんどだ。1000人の男女に対するあるアンケート調査によると、「夏もマスクの着用をするか」で75%、「猛暑日でもマスクを着用するか」で50%の人が「YES」と答えた。冬、寒いときのマスク、マフラー、ショール、ハラマキなどは各々が衣服一枚分の保温効果があると衣服気候学で証明されているので、猛暑日のマスク着用は熱中症のリスクを高めることになる。

 コロナ感染拡大予防のための「新しい生活様式」における熱中症対策予防行動のポイントとして、環境省や厚生労働省から、以下の提言が出ている。

1.屋外で人と十分な距離が確保できる場合にはマスクを外す

2.マスク着用時には激しい運動は避け、こまめに水分補給

3.冷房時でも換気。熱中症予防のために温度設定をこまめに調整

4.日頃から体調管理を。体調が悪いときは無理せず静養

ヨーグルトとバナナを同時に食べる

 これまで「熱中症対策」として「水分をこまめに摂る」ことくらいしか推奨されてこなかったが、兵庫医科大学の元教授で「教えて!「かくれ脱水」委員会」の委員長の服部益治博士は去る7月8日の産経新聞紙上で、コロナ対策でマスク着用をすると、「口や鼻から呼気と共に逃げる熱が体内にこもる」し、「外出自粛で運動量が減少し、筋肉量が減る」ので熱中症のリスクが高まる、と指摘している。

「筋肉量と熱中症」の関係について少し説明を加えると、体重の約40%が筋肉で、筋肉の約70%は下半身(へそより下)に存在する。実はこの筋肉こそが「水分を保持する人体最大の器官」というのだ。「冷却水」という言葉があるように、筋肉量の多い人は筋肉中の大量の水分が「冷却水」となって熱中症の予防になるといってよい。

RANKING
プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ