コロナ、吉村知事「大阪モデル」が行き詰まり…“とりあえず数字出せばいい”の自縛の画像1
吉村洋文知事

 大阪府吉村洋文知事は7月31日、道頓堀などの大阪市中央区の歓楽街「ミナミ」の御堂筋、堺筋、長堀通、千日前通に囲まれた四角い区域を特定し、接待を伴う飲食店のうち、新型コロナウイルスの感染防止対策を取っていない店に休業を求めることを決めた。居酒屋などには営業時間を午後8時までとするように要請する。

 大阪にはミナミと並ぶ歓楽街として大阪駅近くの北区、「キタ新地」があるが、7月12日からの2週間でミナミに滞在した感染者は148人と判明した一方、キタは41人だったことを根拠に、休業要請は見送られた。ミナミのあるスナック経営者は「午後8時閉店では商売にならん。滅茶苦茶や」と怒る。

 狭い一地域を具体的に示して休業要請することは、愛知県など一部を除き、他の都道府県では積極的には行われていない。「夜の街」を強調する小池百合子東京都知事も、歌舞伎町に限定するなどはしていない。「吉村流」を通す大阪府には大きな危機感がある。府では7月29日に感染者数が初めて200人を突破し221人となり、浪速っ子は一挙に不安に陥った。

 吉村知事はこの日午後2時から定例会見を開き、面倒なメールアドレスの打ち込みなしに空メールシステムを利用する「改良版コロナ追跡システム」などについて説明した。会見に出席した筆者が神戸市の自宅に戻った直後、「221人感染」とニュース速報が流れ、吉村知事が緊急会見を開き、「検査数が2000を超えるなど増えているので、数字は増加傾向にはあるが想定内」などと話した。

「5人以上は控えて」は愚民政治?

 前日の7月28日。大阪府の感染者が150人を超え、吉村知事は8月1日から20日の期間に限定し「5人以上の飲み会や宴会を控えてほしい」と呼びかけた。「5人と4人で何が違うんや?」といった批判が出ることは承知の上。吉村知事は「大勢での飲食といっても、どのくらいかわからないから」と説明する。

 だが本来は「大勢」という、ありふれた日本語を使われた府民が自らの常識、良識で判断すべきものではなかろうか。「大勢イコール何人以上」というものではない。ちなみに「大勢(おおぜい)」は「広辞苑」でも「多くの人、多人数」と説明するのみ。あえて「5人以上」と提言したのは、「大勢いうたかて、いったい何人やねん?」などという問い合わせが数多く役所に寄せられるのを避けたい面もあろう。

 しかし今回は、評価を得てきた「吉村流の具体性」に本人が縛られた感がある。これまで府の専門家会議で科学に裏打ちされた具体的な数値や日時などを迅速に打ち出す「大阪モデル」が高く評価されていた。しかし、今回は自らも「5人に科学的根拠はありません」と認める。府民のために具体的数字を出すべきと考えたというより、政府が抽象的なことしか言わないのに対して数字などの具体的な内容を提示して評価されてきた身として、「なんでもええから数字を出したかった」のが本音ではないか。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ