NEW
内田実人「親子でできる中学受験算数」

中学受験でも重要…小学生のお子さんの算数の「計算力」を高める方法&アドバイス術

文=内田実人/中学受験指導スタジオキャンパス
【この記事のキーワード】

, ,

中学受験でも重要…小学生のお子さんの算数の「計算力」を高める方法&アドバイス術の画像1
「gettyimages」より

「算数」ができる子とできない子

 「算数」の力と一口で言っても、様々な要素が思い当たることでしょう。大人から見るとその様々な要素が見えることで、お子様が力をつけるために“基本を徹底し”たり、“応用問題にチャレンジし”たり、“弱点分野を復習し”たりと行動させることが多いのではないでしょうか。

 確かに中学受験の様々な単元・分野を考えると、こういった行動パターンが一般的です。しかしながらお子様方の解いている様子を見たり、提出してもらったノートをチェックしていると、それ以上に「計算」部分において算数全体に大きな影響を及ぼしていることを感じます。前回も記しましたが、低学年においてはまさにこの「計算力」が直接的に算数のできるできないの判断基準となりますが、高学年においても大きな要素を占めています。そもそも算数を苦手にしている子、嫌いな子、ミスが多い子、時間がかかってしまう子など、この「計算力」がないことが大きな(根本の)原因であることがほとんどといっていいでしょう。

 計算が主役となる問題はもちろんのこと、それ以外の問題でも解答するために計算をします。その際にも「計算」処理力の差があらわれます。算数の学習をめんどくさがったり、おっくうがったりする子は多いですが、「図をかく」「書き出す」といったことをめんどくさがる以前の問題として、そもそも解答するために計算するのがめんどくさいという場合がホントのところです(「ひっ算」のしすぎや、単なる作業として苦痛を伴ったものになっている)。「計算力」があれば、その分「図をかく」「書き出す」ということにめんどくささの要素はしぼられますもんね(このへんの話は、またあらためて記事にしたいと思っています)。

「計算力」をつけるとは?

 前回記したように、中学受験においてもとめられる「計算力」とは、そろばん的暗算のような瞬発力のみのことではありません。もちろん一定の技術やある程度のスピードは必要です。そのために「トレーニング」は大切ですし、日々実行すべきと思います。しかしながら、“スピードをつける・ミスを減らす”→“苦手感を減らす・めんどくささを減らす・頭をきたえる”といった意味においては、「知識として取り入れた方法を利用しながら計算する」「工夫する(頭を使う)ことに伴って、極力暗算に近い計算をする」という行動がより必要になります。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ