ドンキ運営元、訪日客消滅でも増収増益の秘密…ミリオンスター制で実力主義&権限移譲の画像1
ドン・キホーテ本社(「Wikipedia」より)

 国内の経済活動は徐々に動き出しているが、本格的回復にはインバウンド(訪日外国人)の消費が不可欠だ。7月の訪日外国人数は前年同月比99.9%減の3800人。4カ月連続で実質ゼロの状態だ。訪日外国人はいつ戻ってくるのか。小売業はインバウンド向けをゼロとした業績予想を立てている。

 お盆前の8月13日の東京株式市場。ドン・キホーテ(ドンキ)などを運営するパン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(PPIH)の株価が急伸した。一時、前日比272円(11.7%)高の2594円と株式分割を考慮後の上場来高値を更新した。2021年6月期の連結純利益が前期比1.4%増の510億円になりそうだと12日に発表したのが材料視された。12年連続の増益見通しを好感した買いが集まった。

 売上高は1.1%増の1兆7000億円を見込む。20年6月期に420億円あった訪日客による売り上げはゼロになるとした上で、総合スーパー、ユニーが下支えするとみている。営業利益は1.3%増の770億円を計画。25年連続の増収、営業増益を目指す。年間配当は1株当たり16円と前期の15円から1円積み増す。

 市場ではインバウンド需要なしで増益を打ち出してきたことを評価する声が多い。ユニーの好調の背景にはユニーの売り場のドンキ化、「MEGAドン・キホーテUNY」への業態転換がある。PPIHは19年7月~20年3月期の連結決算を発表した5月の段階では、コロナの影響を見込んで20年6月期の業績予想を下方修正したが、会社側の予想が覆った。

 20年6月期の連結決算の売上高は前期比26.6%増の1兆6819億円。従来予想(24.2%増の1兆6500億円)を300億円強上回った。営業利益は20.4%増の759億円。従来予想(12.5%増の710億円)を大きく上回り、通期の営業増益は24年連続となった。純利益は6.9%増の503億円。減益見通し(2.3%減の460億円)だったが、一転して11年連続の最終増益で着地した。

 業績予想を上方修正するまでに持ち直したのはなぜか。

 コロナ渦中の20年4~6月の3カ月間の売上高は前年同期比1.5%増の4161億円、純利益は32.1%増の119億円と増収・増益を確保したことが大きかった。既存店の売り上げを見ると総合スーパーのユニーが業績を牽引したことがわかる。食品を中心に生活必需品が売り上げを伸ばした。4月を除き1月から一貫して前年実績を上回った。5月は6.4%増、6月は9.2%増と夏物衣料の肌着や部屋着などが売れた。7月も6.9%増と“ウチナカ需要”を反映して食品のほかゲームなどの玩具が好調を持続した。

 8月12日のオンラインでの業績説明会では冒頭、安田隆夫創業会長兼最高顧問のビデオメッセージが流された。安田会長は「新型コロナウイルスの影響で、優位な立地が都市部は駅近くから郊外型のロードサイド店舗へ、短期間かつ劇的に変わった。当社はインバウンド需要の蒸発をロードサイド店が補った」と述べた。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ