淡路島がパソナの建物だらけ…本社移転&社員千人移住、パソナランド化に地元で不安もの画像1
ハローキティスマイル (@hellokittysmile.awaji) • Instagram写真と動画より

 人材派遣大手のパソナグループ(東京都千代田区)は8月31日、本社機能を兵庫県淡路島に移転することを明らかにした。

 すでにパソナは昨年12月、就職氷河期対策の一環として同社が兵庫県の淡路島で実施する事業に携わる社員200人、全国で地方創生に携わる100人を正規雇用すると発表するなど、淡路島の拠点化をほのめかしてきた。

 兵庫県立淡路島公園内にテーマパーク「ニジゲンノモリ」を建設。さらに「ゴジラミュージアム」も8月8~31日までの期間限定で先行オープンしていたほか、和洋食レストランを備えた「青海波」と人気キャラクター「ハローキティ」のショースペースが付随するレストラン「ハローキティスマイル」などを相次いで開設した。そんな急速に進む島の“パソナランド化”の影には、地元出身のホープ、西村康稔経済再生担当大臣(自民党衆議院議員、小選挙区兵庫9区)の影が見え隠れする。

人口13万人の島にパソナ社員1000人

 産経新聞インターネット版は31日、記事『パソナ、本社機能を淡路島に移転 社員1000人を異動』を配信。同記事では「営業、人事部門などの社員約千人を来年春までに淡路島に異動させる。新型コロナウイルスの感染拡大で在宅勤務が普及したことを受け、『どこでも仕事ができる』ことを実証する。パソナは淡路島の西岸にテーマパークや劇場、レストランなどを開設しており、こうした観光事業との相乗効果も狙う」(原文ママ)と報じた。

 また、今回の移転に合わせて「デジタル技術を活用して社内を変革する『デジタル・トランスフォーメーション(DX)センター』を設置する。異動してくる社員が入居する新たなオフィス(約5300平方メートル)について既に賃貸契約を進めており、大浴場、バーを備えた社宅(140室)や寮も完備する」という。移住する社員のみならず、関連施設の従業員や取引先もふくめれば、一つの町が引っ越してくるといっても過言ではないだろう。

 ちなみに淡路島には淡路市、洲本市、南あわじ市の3つの自治体があり、今年6月末までの島の総人口は約13万2000人だ。ここに1000人のパソナ社員が加わるのだから、地域の経済界やコミュニティーへのインパクトは計り知れない。

 地元紙記者は次のように話す。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ