ユナイテッドアローズとアダストリア、燻る経営統合の観測…前澤友作氏が主導かの画像1
ユナイテッドアローズの店舗(「Wikipedia」より)

 ファッション通販サイト「ZOZO」の創業者で前社長の前澤友作氏が、大手アパレルのユナイテッドアローズアダストリアの大株主になった。ユナイテッドアローズの株式7.97%を約35億円、アダストリアの株式5.60%を約40億円でそれぞれ取得した。

 今回の株式取得により、ユナイテッドアローズでは創業者で名誉会長の重松理氏(持ち株比率8.24%=20年3月末時点)に次ぐ第2位の大株主。アダストリアでは主要取引先である豊島(同4.20%=20年2月末時点)を抜き、オーナーの福田三千男会長の資産管理会社フクゾウ(同34.41%)に次ぐ第2位の大株主になったことになる。

 前澤氏は1998年にZOZOの前身となる輸入レコードやCDのカタログ販売会社を設立。2000年からファッション通販に進出。04年にゾゾタウンを開設し、セレクトショップや大手衣料品を取り扱う通販サイトとして若者を中心に人気を集めた。19年、Zホールディングス(旧ヤフー、保有比率49.08%=20年3月末時点)の傘下に入った。前澤氏は社長を退任したが、現在でも17.51%を有する第2位の株主である。

75億円の投資は2社への恩返し

 前澤氏は8月13日、TBS系ドラマ『半沢直樹』の名セリフを引き合いに出し、「施されたら、施し返す。恩返しです」とツイートした。両社ともゾゾタウンで売上上位を占める有力取引先だ。特にユナイテッドアローズは、重松氏がゾゾタウンの黎明(れいめい)期から前澤氏を支援。ファッション衣料をネットで売ることに抵抗感が強かった企業・ブランドの出店を促す役割を果たした。以来、前澤氏と重松氏は旧知の間柄といわれるようになった。

 新型コロナウイルスの感染拡大が進むなか、アパレル業界は大打撃を被った。前澤氏のツイートに対して、ツイッター上では逆風にあえぐユナイテッドアローズとアダストリアに「投資のかたちで“恩返し”した」と大盛り上がりだった。ユナイテッドアローズ、アダストリアは株価の低迷が続いた。8月13日時点の時価総額はユナイテッドアローズが403億円、アダストリアが785億円。前澤氏がZOZOの代表取締役社長を退任した昨年9月12日からユナイテッドアローズは約180億円、アダストリアは約368億円ほど時価総額が目減りした。前澤氏が投資したとの情報が流れると、両社の株価は一時的に上昇した。

 もとより、「恩返し」というきれいごとだけで投資したわけではない。大量保有報告書には保有目的として「純投資を基本とするが、発行者経営陣との間で、友好的な関係を構築されることを前提として、必要に応じて、企業価値向上のための助言又は提案を(経営陣に対して)行う可能性がある」と記載されている。前澤氏は何を提案しようとしているのか。

関連記事