【確認中】Go to イート悪用問題…“トリキの錬金術”を上回る利益確保との悪質ツイートが話題の画像1
農林水産省所管の飲食業界の支援事業「Go To イート」解説ページ。SNS上では、制度を悪用した“トリキの錬金術”などが話題になっている。

 コチュジャンを舐めるだけで990円がもらえる――。そんな“コチュペロ錬金術”がネット上で話題となっている。

 連日メディアを騒がせていた“トリキの錬金術”をご存じの方も多いだろう。Go To イートキャンペーンのうち、オンライン予約で付与される1000円分のポイントを入手するため、居酒屋チェーン・鳥貴族を予約し、298円均一(税込み327円)でのなかの商品をひとつだけオーダーして帰る、というこの“錬金術”。予約するたびに差し引き673円分の“得”をすることから、実際にやってみる者が続出。世間でおおいに問題視されたが、そのはるか上をいくのが“コチュペロ錬金術”だというのだ。

調味料だけを注文すれば、「“トリキの錬金術”をはるかに上回る990円の利益が出る」とのツイート

 この手法が話題となったきっかけは、月刊誌に「1週間食費0円生活」などの連載を持つというフリーライターの山野祐介氏が10月3日にTwitterで行った投稿。そこには、「Go to eatで鳥貴族の釜飯食ってはしゃいでるのは最近ポイカツ(笑)始めた素人さんなのかな?プロは焼肉安安で席だけ予約してコチュジャン単品10円からの最速コチュジャン舐め取りで退店してるよ」とのコメントと共に、オンライン予約サイト・ホットペッパーに掲載された焼肉チェーン・七輪焼肉安安の某店舗の紹介ページやメニュー表が。

 そのメニュー表には、コチュジャンやサンチュミソ、マヨネーズ、柚子胡椒、練りわさびの5種類の調味料の価格として、税込み10円の表記が。これを単品で食べて帰ることができれば、“トリキの錬金術”をはるかに上回る990円の利益が出る、というわけだ。

 とはいえネット上ではこの行為に対して、「金を得て尊厳を失うでしょ、恥ずかしすぎる」「人としてどうかと思う」など批判が殺到。「こうやって恥を捨てるのが成功の秘訣なのかもね」「結局もらったポイントは別の飲食店に落ちることになるからまあいいのかな」という擁護(?)の声も散見されるが、“トリキ”を超えるアコギな行為に多くの人が嫌悪感を抱いたようだ。

 そのため、きっかけとなった山野氏の投稿「コチュジャン舐め取り」が「コチュジャンペロペロ」に変化し、さらにこれを略した“コチュペロ”なる言葉が誕生。この行為に手を染めたとする者に対して、“コチュペロ民”という蔑称が使われることとなっている。

関連記事