食品スーパー業界、空前の活況…ライフ、アマゾンと提携し生鮮食品を「当日」配送の画像1
ライフの店舗(「Wikipedia」より)

 全国の主要食品スーパー10社の8月の既存店売上高は2カ月連続で前年実績を上回った。

ライフコーポレーション:12.9%増

・ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス(USMH):8.5%増(傘下のマルエツは8.2%増、カスミは8.6%増)

・マックスバリュ西日本:6.0%増

・アークス:5.5%増

・ヨークベニマル:5.8%増

・ヤオコー:14.0%増

・バロー:10.5%増

・サミット:16.0%増

 食品スーパーは巣ごもり需要が追い風となり、新型コロナウイルスが拡大した上半期(3~8月期)は好決算に沸いた。

ライフは食品の需要拡大で今期の純利益を2倍に上方修正

 食品スーパー最大手、ライフコーポレーションの2020年3~8月期決算は、売上高にあたる営業収益が前年同期比9.4%増の3867億円。営業利益は169億円、純利益は117億円と、いずれも3倍となった。外出自粛の流れもあり、在宅での調理が定着。利益率が高い高価格帯の肉や野菜などの販売が伸びた。料理の種類を増やす目的で調味料も幅広く売れた。キッチン回りの日用品などの販売も好調だった。

 ライフは食品の宅配に力を入れてきた。19年9月、アマゾンジャパンと提携し、アマゾンの有料会員向け宅配サービス「プライムナウ」で注文を受け付けるサービスを開始した。生鮮食品や総菜、ライフのプライベートブランド(PB)など数千点を、当日または翌日の2時間単位の時間指定で宅配する。新宿など都内7区で始めたが、宅配需要に対応するため、今夏までに東京23区と4市、さらに大阪市でもサービスを拡大した。コロナ禍で伸びた宅配需要を獲得したことが業績を押し上げた。

 2021年2月期の連結決算の予想を上方修正した。営業収益は前期比6.8%増の7630億円と290億円上振れする。営業利益は72.9%増の240億円と79億円上乗せ。純利益も2倍の160億円と、60億円の上方修正となる。

 新型コロナウイルス感染対策としてセミセルフレジの導入の前倒しや人件費増などで費用は増加するものの、増収効果がこれを大きく上回る。中間と期末配当をそれぞれ5円ずつ増配し、年間配当を50円とする。通期の業績予想は上半期(3~8月期)の好調ぶりを反映したもの。下半期(9月~21年2月期)は前年並みと、慎重な見方をしている。

USMHは在宅調理が追い風に

 マルエツとカスミ、マックスバリュ関東を展開する首都圏最大の食品スーパー、ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールデイングス(USMH)の20年3~8月期の連結決算は、営業収益は前年同期比8.6%増の3738億円、営業利益は4.1倍の113億円、純利益は16倍の69億円と、巣ごもり消費を受け好調だった。21年2月期の業績予想は、営業収益が前期比5.3%増の7280億円、営業利益が71.0%増の160億円、純利益は4.3倍の70億円の見込み。それぞれ260億円、60億円、49億円上方修正した。

RANKING

関連記事