NEW
草野かおる「災害に備える!」

富士山は突然、噴火する…交通も電力も通信も麻痺、やっておくべき4つの備え

文=草野かおる/イラストレーター・防災士
【この記事のキーワード】

, ,

富士山は突然、噴火する…交通も電力も通信も麻痺、やっておくべき4つの備えの画像1

火山灰は現代社会にどんな影響を与える?

 6年前、多く犠牲者(死亡者: 58人、行方不明者: 5人)を出した「御嶽山噴火」は、噴火の予兆はなく、突然の噴火でした。2018年1月23日に噴火した群馬の草津白根山は、噴火警戒レベルがもっとも低い1でした。これは、火山の噴火の予想が、いかに難しいかを表しています。

 当然、富士山も突然噴火する可能性があります。富士山は約300年前、宝永4年(1707年)に噴火しました。噴火は約2週間続き、火山灰と軽石が大量に噴出され、火山灰は偏西風に乗って江戸方面にも大量に降り積もりました。富士山が噴火すれば、首都圏にも多くの火山灰が降り注ぐことが予想されます。

火山灰は灰にあらず

 火山灰は名前に「灰」がつくことから、薪や炭が燃えたあとの「灰」と同じと思う人もいますが、まったく別物です。簡単にいえば、火山灰とは、火山岩が粉々になった細かい粒子のことです。「火山灰」は乾燥した状態であれば、フワフワと舞い上がり、雨に濡れたらセメントのように固まり、またはこびりつき、重くなるという、とても厄介なものです。

富士山は突然、噴火する…交通も電力も通信も麻痺、やっておくべき4つの備えの画像2

火山灰の影響は多岐にわたる

 火山灰の影響が多岐にわたります。

・鉄道など交通

 火山灰は濡れていても乾いていても非常に滑りやすく、ブレーキが利きにくくなります。鉄道の運行が停止。高速道路の封鎖。空港も閉鎖されます。輸送力低下となり、物資の配送にも影響します。

・生活

 都市では、一斉に人々が買い物をすることによって、店頭から食料品、飲料水、生活用品がなくなります。生活物資の入手困難を招きます。

・電力

 濡れた火山灰は、電信柱の碍子(がいし)をショートさせ、停電を引き起こします。火力発電所も、吸気フィルタの交換頻度の増加等による発電量の低下を招き、停電に至る危険があります。

・通信

 基地局等の通信アンテナへ火山灰が付着することで、通信阻害が起こります。停電エリアでは、非常用発電設備の燃料切れが生じると、携帯電話が「圏外」になります。

・上下水道

 ダム湖、川などの水源も、火山灰によって水質が悪化、浄水施設の処理能力を超えると、断水になります。流れた火山灰は、雨水用の下水道を詰まらせます。

・住宅

 火山灰が積もった屋根に雨が降ると、木造家屋であれば、火山灰の重みで倒壊する恐れがあります。

 その他、農作物、畜産、水産業にも多大な影響を及ぼします。

富士山は突然、噴火する…交通も電力も通信も麻痺、やっておくべき4つの備えの画像3

私たちができることは?

 富士山が噴火となれば、火砕流や溶岩の噴石の危険のない地域以外は、「在宅避難」が中心になるでしょう。そのためには、何を準備すれば良いでしょう。

関連記事