横綱・鶴竜、報じられない帰化問題…年寄株取得条件に日本国籍、外国人力士“排除の論理”の画像1
日本相撲協会 HP」より

 大相撲11月場所の目玉は、なんといっても新大関の正代だ。9月に熊本出身者として初の幕内優勝を果たし、29歳という高齢での大関昇進というのは、他の力士にとっても良い刺激になるだろう。今年は朝乃山に加えて2人目の昇進で、昨年は豪栄道の引退と4回の大関陥落(貴景勝、栃ノ心2回、高安)があり、対照的といえるのではないか。

 大関の世代交代は新たな時代の大相撲の訪れを期待させるが、一方で気になるのは両横綱が2場所続けて休場していることだ。大関の世代交代がなされたのは、最近、横綱不在の場所が増えていることも密接に関与しており、直接対決の回数が少ないことが彼らの勝率を高めていることも事実だ。

 優勝回数通算1位の大横綱である白鵬も、稀代の技巧派である鶴竜も、もう35歳だ。出場すれば優勝争いに加わる白鵬はさすがだが、途中休場を余儀なくされている鶴竜は風当たりが強くなってきている。次回の出場に進退が懸かるという報道も見られているが、鶴竜にはすぐには引退できない事情がある。

 それは、鶴竜が帰化申請中だということだ。

 年寄株取得の条件として、日本国籍を保有していることが必要となる。日本は外国籍の方の帰化審査が厳しく、白鵬でさえ5年を要したという情報もある。横綱経験者であれば本来5年間は親方として指導に当たることは可能だが、これはあくまでも日本国籍を有する者に限定された話だ。

 鶴竜は2018年に帰化申請したといわれており、申請が承認されるのは早くて21年とされている。成績が落ちたら引退しかないのが横綱なので、昇進したときから常に現役引退と角界から去るリスクに晒されている立場だ。現行の制度によるリスクを考えれば、できるだけ早く帰化申請すれば良いのは間違いないが、モンゴル国籍への想いも当然あるだろう。

 そして鶴竜には鶴竜の将来設計があるのだから、帰化申請のタイミングが遅くなったことは責められない。18年に引退危機を乗り越え連続優勝したタイミングで、5年前後の現役続行に対する覚悟ができたということなのだろう。

外国出身の親方はわずか6人

 世間の人々が疑問を感じるのは、なぜ年寄株取得の条件として日本国籍が求められるか、である。

 最盛期と比べると関取が少なくなったとはいえ、2人の横綱は外国出身力士だ。そして大関経験者の照ノ富士も幕内優勝経験者の玉鷲も、将来有望な若手である霧馬山も豊昇龍も皆、外国出身力士である。外国出身力士は旭鷲山の台頭以降急増し、00年以降の大相撲は外国出身力士に支えられてきたといっても過言ではない。

関連記事