お手頃価格&安全&宅配…生協、売上急増で人気復活のワケ “非営利組織”の秘密の画像1
「生協の公式サイト」より

 日本生活協同組合連合会(以下、生協)の2020年度上期(4~9月)の総供給高が、前年同期比15.7%増の2260億円に達したと発表された。

 食品や日用品をスーパーマーケットのように販売したり、自宅まで配送してくれたりするコープ商品事業が前年同期比14.0%増の1765億円、ナショナルブランド商品を中心とした日用雑貨を供給するキャロット事業が同27.5%増の210億円、衣料品や家庭用品などのカタログ事業が同17.7%増の270億円と増加傾向である。

 新型コロナウィルス感染症が拡大したことがきっかけで、生協の総供給高が増加したと考えられるが、なぜコロナ禍でむしろ右肩上がりしているのだろうか。そこで今回は、経済ジャーナリストの寺尾淳氏に話を聞いた。

安売りではない…“安心品質商品がお手頃価格”が魅力

 まず、そもそも生協とはどのような仕組みで成り立っている組合なのか。

「生協は、2019年度末で全国316の会員生協が加盟し、総組合員数・約2962万人、会員生協の総事業高・約3.5兆円を誇る日本最大の消費者組織です。そして生協の要となる組織は、それぞれが独立した法人として独自のテーマや事業を持って活動している地域生協、大学生協、職域生協などの単位生協でしょう。

 単位生協は農協や漁協と同様に協同組合法で設立が認められている協同組合で、組合員が出資して運営、利用する組織です。したがって、生協は株式会社と違って株主はいないため、利益は最終的に出資配当金というかたちで組合員に還元されることになります。営利を目的としないため、組合員はみんな平等だという精神を持って活動しているということですね」(寺尾氏)

 そんな生協が現在、ここまで多くの人々に利用されるようになった理由には何があるだろうか。

「例えばコープ商品は、手頃な価格で品質的に安心できる生活必需品を手に入れることができます。ちなみにこれは、ただ単に安売りしているという意味ではないですし、激安スーパーなどよりも価格が安いという意味とも異なります。例えば、単純に安さだけを求めるのであれば、激安スーパーのほうが安価に売っていることも多々あるでしょうが、そういったスーパーの安売り商品は、品質面の保証がされておらず、不安を感じることもあるかもしれません。ですが、生協の扱う商品は品質が保証されたうえで、手頃な価格となっています。その安心感が生協の強みといえるでしょう。

 ここまで生協が安全面に特化できるのは、商品の安全性を確かめる商品検査センターという、生協専門の研究機関が単位生協にも連合会にも存在するからです。特に食品添加物や農薬などに配慮する“食の安全”について、生協は以前から非常に力を入れており、その啓発活動も行っているため、食の安全性を気にする方にとって、コープ商品は一つの安心ブランドにもなっています」(寺尾氏)

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合