NEW
たかぎこういち「“イケてる大先輩”が一刀両断」

ユニクロ「+J」熱狂、なぜ起きた?「若者のファッション興味減退」は業界の“怠慢”だ

文=たかぎこういち/タカギ&アソシエイツ代表、東京モード学園講師
【この記事のキーワード】

, ,

ユニクロ「+J」熱狂、なぜ起きた?「若者のファッション興味減退」は業界の“怠慢”だの画像1
ユニクロ原宿店

 11月13日にユニクロは世界的なデザイナー、ジル・サンダー氏とのコラボレーション商品「+J(プラスジェイ)」を9年ぶりに復活させ発売した。発売当日は、各地の店舗で早朝から行列ができ、一部の店舗では混雑状態が予想を大きく超え入場制限がなされ、ネット上で話題となった。

 大々的な告知もないのに、ユニクロのネット通販サイトにもアクセスしにくくなり、つながりやすくなった夕刻には人気商品はほぼ完売となっていた。そして同日のメルカリには、沢山の「+J」の商品が2倍以上の価格でアップされていた。

 そして月が明け、そのメルカリの出品商品は相場価格となり、転売屋の在庫も順調に減っているように見える。アパレル不況と言われて久しいが、この熱狂は、なぜ生まれたのか。いくつかの原因を探り、アパレル業界活性化のヒントを探ってみたい。

1.「+J」デザイナー、ジル・サンダーの軌跡

 ユニクロの販売員でさえ、ジル・サンダーに関しては深く知らない。ただ「有名なデザイナーだ」と理解する程度では非常に残念だ。アパレル業界内では非常に高い評価を得ながらも、商業的には大きな成功は納めていなかった。

ユニクロ「+J」熱狂、なぜ起きた?「若者のファッション興味減退」は業界の“怠慢”だの画像2
『アパレルは死んだのか』(たかぎこういち/総合法令出版)

 ジル・サンダー氏の経歴を少し振り返ってみる。彼女が創業した企業としての「ジル・サンダー」ブランドと、個人としてのジル・サンダーが混同されやすいので、その点も解説する。

 ジル・サンダー(JilSander)氏は1943年生まれで、ドイツ・ヴェッセルブレン出身のファッションデザイナーで現在77歳。75年に自身のブランドをミラノでスタートさせ、85年にミラノ・コレクションデビュー。87年に脚光を浴び、そのブランド「ジル・サンダー」が注目を浴びた。選りすぐった最高の素材、引き算によって描かれるシンプルな美しいデザインと高度な職人技の縫製技術が融合し、人気と高評価を獲得した。

 1999年、自社の株式75%をプラダに売却し、系列下に入る。しかし、クリエイターにありがちな完璧主義者で妥協のない性格は、経営陣との意見の対立を生み、就退任を繰り返した。企業としてのジル・サンダーは2006年にプラダからイギリスの投資会社が買収。その後、2008年に日本のオンワードホールディングスが買収し、現在はルーシー&ルーク・メイヤー夫妻がクリエイティヴ全般を手掛け、業界では再び高評価を得ている。

 ジル・サンダー氏は2004年に自ら創業したジル・サンダー社を辞任。09年、ユニクロはデザイン監修としてジル・サンダー氏の個人コンサルタント企業と契約し「+J」ブランドをパリ旗艦店オープンに合わせてスタートし海外での知名度を一気に上げた。業界では価格と品質に衝撃が走り、ユニクロへの評価は高まった。大好評ながら11年秋冬で一旦同ブランドは終了し、12年にジル・サンダー氏はジル・サンダー社に返り咲くが、14年に結局、辞任し、ファッション業界での活動を休止していた。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合