死亡事故の7割…高齢者“自転車運転者”のマナーが危険すぎる!取り返しつかない事故の画像1
「Getty Images」より

 近年、高齢ドライバーによる交通事故が頻発している。この場合、高齢者の身体能力や認知機能などの低下が原因ではないかといわれている。では免許証を返納して自転車に乗り換えれば安心かというと、実はそうでもない。取材活動のなかで、高齢者の自転車利用者に眉をひそめる人の話を幾度となく聞くことがあるからだ。

若いドライバーの心配は、傍若無人な高齢者の自転車とぶつかりかねないこと

 私が住むマンションでは、「廊下は自転車から降りて歩くように」という注意書きが掲示板に貼られているにもかかわらず、男子高校生がペダルを漕いで、我が家の前を通り過ぎて行くのを見かける。夫が注意しても、どこ吹く風だ。このように、公衆道徳を守らないのは若者というイメージがあるが、「年代は関係ない。高齢者が結構多い」とAさんは語る。

 Aさんが住む近所には、道幅が狭いために自転車通行が禁止されている坂があるのだが、「自転車から降りるように」と、Aさんが注意してもなかなか聞く耳を持ってもらえないという。

「70代のジイさん、バアさんがバンバン飛ばす。電動自転車がスピードを出して坂を上る。感心するくらい元気だねえ」と、Aさんは苦笑する。Bさんが住むあたりでは、80代の自転車利用者は当たり前、なかには90代の人もいるという。

「どうにかしてほしいのは、高齢者の交通マナーが悪いことです。もう、めちゃくちゃですよ」

 逆走、夜間の無点灯走行、傘を差しながらの運転、信号無視、突然の飛び出しなど……。車を運転していると、危ない場面に遭遇することが少なくない。実際に、車と自転車の衝突事故を見たこともある。

 車を運転する機会の多いBさんが気がかりなのは、自転車とぶつかるようなことがあったら、最悪の場合、自転車に乗っている人が亡くなる可能性があるということだ。

「そうなると、たとえ相手が逆走していても、こちらの責任になりかねません」

 高齢者ドライバーによる自動車事故は高齢者が加害者になる場合が多いのだが、自転車利用者による事故は高齢者の死亡率が高い。警察庁によると、2019年に自転車に乗っていて亡くなった65歳以上の高齢者は297人、全体の約7割を占めた。年代別では80歳以上が31%と最も多く、次に多いのが70~79歳が29%だった。

 高齢者の死亡者のうち、法令違反があったのは79%にも上り、本人が事故原因を引き起こしていたことがわかる。一番多い原因は操作ミスや安全確認義務違反だった。

 また、自転車の安全利用促進委員会によると、自転車による転倒事故の約半数が高齢者によるものだという(2015年調べ)。

本人も気づかない身体能力、認知能力の低下

「たぶん、老若男女関係なく、自転車に乗る人の9割くらいは道路交通法に違反しているのではないかと思います」とBさんは語る。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合