工藤会・野村総裁に史上初の死刑求刑は出来レースなのか?裏に警察庁の意向と米国への配慮の画像1
警察庁が置かれている中央合同庁舎第2号館(「Wikipedia」より)

 1月14日に福岡地裁(足立勉裁判長)で開かれた特定危険指定暴力団・五代目工藤會野村悟総裁と田上文雄会長に対する論告求刑公判で、検察側が野村総裁に死刑を求刑したことが注目されている(田上会長には無期懲役と罰金2000万円を求刑)。指定暴力団トップに死刑が求刑されるのは、史上初の事態だ。

 以前から工藤會関係者の冤罪事件を取材し、四代目工藤會の溝下秀男総裁(故人)との共著もある、作家の宮崎学さんに聞いた。

警察庁による「死刑ありき」の捜査

 今回の裁判は、1998年の北九州元漁協組合長射殺事件(殺人罪)、2012年の元警部銃撃事件(組織的殺人未遂容疑)、13年の看護師刺傷事件(組織的殺人未遂容疑)、14年の歯科医師刺傷事件(組織的殺人未遂容疑)の4つの事件について、野村総裁と田上会長の指示の有無が争点となっている。

 19年10月から始まった公判は、20年4月の緊急事態宣言による休止をはさんで、9月までに59回の審理、検察側・弁護側でのべ91人の証人尋問が行われた。被告人質問は4事件に関して野村総裁と田上会長に1回ずつ計8回にわたって行われ、両者はいずれも容疑を否認している。

 初公判には18席の傍聴券を求めて約300人が列をつくったが、今回の公判はソーシャル・ディスタンスへの配慮か、一般傍聴席は6席。約130人が抽選に並んだ。

 宮崎さんは、「野村総裁への死刑求刑は以前からの“既定路線”なので、驚きはないですね。もちろん、福岡県警ではなく警察庁の意向です」と説明する。

「15年1月に就任した金高雅仁警察庁長官が、その年の6月の会見で『組織(=工藤會)のトップを死刑や無期懲役にもっていき、二度と組に戻れない状態をつくり、恐怖による内部支配を崩していこうという戦略。徹底した捜査を遂げるということで臨んでいる』と宣言しています。このときに税務関係の逮捕にも言及していて、実際にその通りになりました。

『トップに極刑を』とは山口組に対しても言われたことはなかったので、『やる気』は伝わりました。それには、12年の元福岡県警警部への銃撃が大きく影響したといわれています。今回の裁判で審理されている事件のひとつですが、やはり警察のメンツを潰された、ということのようです」(宮崎さん)

 金高長官の会見の前年である14年9月から「平成の頂上作戦」として野村総裁と田上会長ら最高幹部が続々と逮捕され、野村総裁は15年に所得税法違反(脱税)容疑でも再逮捕された。所得税法違反については福岡地裁と高裁で懲役3年、罰金8000万円の実刑判決を受け、上告中と報じられている。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合