板野友美と結婚の高橋奎二、今季で飛躍できるか?アイドルと結婚した選手の成績を検証の画像1
高橋奎二Instagram(keijitakahashi514)より

 今月、2人のプロ野球選手がそれぞれ元アイドルとの結婚を発表し、ファンを驚かせた。1人は、5日にAKB48の人気メンバーだった板野友美と結婚した東京ヤクルトスワローズの左腕・高橋奎二投手。もう1人は、16日に元SDN48の甲斐田樹里と結婚した福岡ソフトバンクホークスの右腕・松本裕樹投手である。

 過去にもアイドルと結婚したプロ野球選手はいたが、ここで少し気になったことがある。それは、アイドルと結婚した選手の結婚前後の成績の変化だ。そこで、現役プロ野球選手7人を対象に、その成績がどう変わったのかを調べてみた。飛躍したのか、それとも下降の一途なのか――。

和田毅(福岡ソフトバンクホークス)

 まずは投手から見てみよう。

 1人目は“松坂世代”の生き残りからだ。ソフトバンクの左腕・和田毅投手である。夫人は元グラビアアイドルの仲根かすみで、2人は和田のプロ入り3年目となる2005年のオフに入籍している。

 結婚までの3年間の和田の成績は、70試合に登板して36勝19敗、防御率3.59、477奪三振と、まずまずの成績といえよう。そして結婚後の成績は、これも直後の3年間を見ると、73試合に登板して34勝24敗、防御率3.12、428奪三振と、防御率以外の数字が若干落ちてしまっていた。これは08年の成績不振が大きく、勝ち負けが8勝8敗と入団から5年続けていた二ケタ勝利が初めて途絶えてしまったのである。

 続く09年に至っては、左ヒジの炎症のため長期離脱を余儀なくされている。成績も4勝5敗で防御率も4.06、87奪三振と、プロ入りワーストの成績となってしまった。とはいえ、結婚1年目の06年は24試合に登板して14勝6敗、防御率2.98、136奪三振と、かなりの好成績であった。“新婚ボケ”などと叩かれないように、まさに“奮投”した結果だといえよう。

 そんな和田は、10年には17勝8敗、防御率3.14、169奪三振と完全復活を果たしている。自身初の最多勝を獲得し、初のMVP・ベストナインにも選出されたほどだ。2年続けての不振から脱出したことで、奥さんもさぞやホッとしたことだろう。

田中将大(東北楽天ゴールデンイーグルス→ニューヨーク・ヤンキース)

 さて、プロ野球選手とアイドルの結婚だが、2010年代に入るとハロープロジェクト勢のアイドルと結婚する選手たちが次々に現れることになる。その先陣を切ったのが、前ニューヨーク・ヤンキースで1月21日現在、フリーエージェント状態となっている田中将大だ。東北楽天ゴールデンイーグルス時代の12年3月に、カントリー娘。などで活躍した里田まいと入籍した。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合