NEW
高橋篤史「経済禁忌録」

五洋インテックスに3500万円を貸した社員は、なぜ返済されずに突然解雇されたのか?

文=高橋篤史/ジャーナリスト
五洋インテックスに3500万円を貸した社員は、なぜ返済されずに突然解雇されたのか?の画像1
日本取引所グループのサイトより

 これは口封じなのか――。

 1月上旬、ジャスダックに上場するインテリアカーテン商社の五洋インテックスは、ある従業員を解雇した。突然クビを言い渡されたのは、関連会社に対し個人的に貸した3500万円が返済されていないとして川勝宣昭社長ら経営陣に訴え出ていた人物だ。焦点の貸付金をめぐっては昨年10月以来、外部弁護士による調査が進められている。が、事態はますます混沌としてきたと言わざるを得ない。

 解雇された女性従業員は2019年秋、五洋インテックスに中途入社、以来、社長室に配属されIR業務などに従事していた。同社の子会社である五洋亜細亜に対し焦点の貸し付けが行われたのは2020年3月。関係者によると、経緯は次のようなものだった。

 貸し付けが行われる約1カ月前の2月13日、五洋インテックスでは社長交代があった。前任の宮原雄一氏に代わり専務から社長に昇格したのは梅野拓実氏。同社は数年来の経営不振にあり、不適切会計が発覚するなど経営混乱は長期にわたる。そんな中、前年4月には大株主やそれらとりまとめ役のロックハラード証券(東京都中央区)が主導する経営体制刷新が行われていた。宮原、梅野各氏もその際に外部から乗り込んできたひとりだ。混乱を収拾できないことで大株主に見切りを付けられた宮原氏に代わり後任社長に据えられた梅野氏ではあったが、資金繰りは綱渡りの情況だった。そんな苦境を近くで見ていた従業員は同情心から資金提供を申し出る。

 話し合いの結果、貸し付けは五洋インテックス本体ではなく子会社の五洋亜細亜を受け皿とすることとなった。これは梅野氏からの提案で、取締役会での承認手続きを避けることなどが理由に挙げられていたという。3月10日、従業員と五洋亜細亜との間では2通の金銭消費貸借契約書が交わされた。1通目は3000万円の貸し付けで、期限は約半年後の9月15日。2通目は同様に500万円で、9月30日とされた。金利はいずれも年3%で、梅野氏が連帯保証人となった。これに基づき、従業員は3月10日~同月18日、5回にわたり計3500万円を、みずほ銀行芝支店に開設された五洋亜細亜の口座に送金した。

 少し注意が必要なのは送金時、口座の名義は旧社名である「MNC」のままであった点だ。同社は2019年7月に医療ツーリズム事業への参入を目指し子会社化されたもので、買収は梅野氏が主導していた。同時期、五洋インテックスは大手病院チェーン「IMSグループ」の関連会社とも業務提携を結んでいた。とはいえ、直前期の売上高が約3600万円と、MNCの活動実態は何とも心許ないものだった。買収後の同年10月、MNCは五洋亜細亜に社名を変更、代表取締役に就任したのはほかでもない梅野氏だ。

決算不能状態

 さて、その後の五洋インテックスだが、資金を貸した従業員の願いも空しく、むしろ混迷は深まった。3月11日には東証から特設注意市場銘柄に指定。内部管理体制に改善の必要性が認められる際の措置で、1年以内に改善の見込みがないとみなされれば上場廃止である。さらに五洋インテックスは決算不能状態にも陥る。5月中旬に予定されていた3月期決算の発表ができなくなったのである。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合