NEW
渡辺陽一郎「いちばん詳しい『人気の新車』完全ガイドシリーズ」

トヨタ「ヤリスクロス」がSUVのベストセラーに!ライバル車より17万円安い理由とは

文=渡辺陽一郎/カーライフ・ジャーナリスト
【この記事のキーワード】, , , ,
トヨタ「ヤリスクロス」がSUVのベストセラーに!ライバル車より17万円安い理由とはの画像1
トヨタ ヤリス クロス | トヨタ自動車WEBサイト – TOYOTA」より

どんなクルマなのか?

 トヨタ自動車ヤリスクロス」は、コンパクトカーの「ヤリス」と共通のメカニズムを使うコンパクトサイズのSUVです。全長は4180mmと短く、街中でも運転しやすいです。外観は直線基調で存在感を強めました。

 ヤリスクロスは2020年8月に発売されて以来、売れ行きが好調です。日本自動車販売協会連合会の登録台数はヤリスとヤリスクロスを合計して公表されますが、ヤリスクロスだけでもSUVのベストセラーになっています。2020年11月から2021年1月には、1カ月平均で9000台から1万台を登録しました。ヤリス全体の約半数をヤリスクロスが占めています。

人気を得ている理由

 高い人気を得ている一番の理由は、運転しやすいコンパクトなボディと、カッコイイ外観の両立です。最小回転半径は5.3mに収まり、小回りの利きも良いです。エンジンは直列3気筒1.5Lで、ノーマルタイプとハイブリッドを選べます。

 価格が割安なことも魅力です。たとえば、ライバル車の日産自動車「キックスX」はハイブリッドのe-POWERを搭載して275万9900円です。その点でヤリスクロスハイブリッドZは、258万4000円なので17万円ほど安いです。

 ヤリスクロスの価格が安い背景には、2つの理由があります。まずはホイールベース(前輪と後輪の間隔)の数値などがヤリスと等しいこと。他のコンパクトカーをベースにしたSUVに比べると、コスト低減が可能になりました。

 2つ目の理由は、トヨタにはSUVが多いことです。同じトヨタの「C-HR」はヤリスクロスよりも一回り大きいですが、ハイブリッドSの価格は274万5000円です。仮にヤリスクロスハイブリッドZの価格がキックスXと同程度になると、上級車種のC-HRと同額になってしまいます。いわば身内同士のヒエラルキーのために、ヤリスクロスは価格を高められませんでした。これは所帯の大きなトヨタならではの事情です。

気になる8つのポイントチェック&星取り採点

(1)居住空間の広さとシートの座り心地

★★☆☆☆

 前席は快適ですが、後席は足元空間が狭いです。家族で乗車するときは、後席の広さや乗降性を確認しましょう。

(2)荷物の積みやすさとシートアレンジ

★★☆☆☆

 SUVとしては荷室が狭いです。床面積は相応にありますが、リアゲートを寝かせたので、背の高い荷物は積みにくいです。

(3)視界や小回り性能など運転のしやすさ

★★★★☆

 全幅は1765mmと少しワイドですが、ボディは短くて小回り性能も良いです。ボンネットもしっかり見えます。

(4)加速力やカーブを曲がるときの安定性

★★★★☆

 SUVとしては良く曲がり、峠道などを走りやすいです。後輪の接地性も優れ、危険回避の操作も落ち着いて行えます。

(5)乗り心地と内装の質感などの快適性

★★★☆☆

 乗り心地は低速域を中心に硬めに感じられ、路上の細かなデコボコを伝えやすいです。内装に不満はありません。

(6)燃費性能とエコカー減税

★★★★★

 2WDのWLTCモード燃費は、ノーマルエンジンが18.8~20.2km/L、ハイブリッドは27.8~30.8km/Lと優秀です。

(7)安全装備の充実度

★★★★☆

 衝突被害軽減ブレーキは自転車も検知できます。右左折時の直進車にも反応するなど、安全性を高めました。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合