オーケストラの指揮者だから気づいた、音楽家の特殊能力…ベートーヴェンの天才性の原点の画像1
「Getty Images」より

 南アフリカに1カ月近く滞在しながら、毎週コンサートを指揮していた時のことですが、その演奏会に、ピアノに詳しい方ならば名前を言えば「あ、あのすごい才能を持っているピアニストですね」とわかるくらいに有名な、若手有望株のロシア人ソリストを迎えていました。

 その彼に対し、「この音は楽譜の音符が間違えているので、直したほうがいいよ」と指摘したところ、彼は「それは困った」という意外な返事をしたのです。普通ならば、ソリストに楽譜を指さしながら音符の間違えを指摘すると、「間違えなんですね。了解」と、すぐに直してくれるか、「僕は合っていると思う」と反論されるかのどちらかなのですが、なぜか彼は困ってしまったのです。

 実は、彼は楽譜を読めなかったのです。もちろん、彼の視力に問題があるわけではありません。では、どうやって難解な協奏曲を弾けるようにしていったかといえば、耳で覚えて弾いていたのです。それでも、いったんピアノを弾きだせば、その10本の指からは、素晴らしい音楽が流れてきます。大天才なのです。

 では、子供のころから楽譜に慣れ親しんできたはずのピアニストが、なぜ音符を読めないのでしょうか。それは多分、音符と実際の音がどうしても結びつかないのでしょう。たとえば、“ド”という音符があったとしても、音符自体が音を出すわけではなく、音符という記号を頭のなかで変換して音として認識しているわけですが、彼にはそこが難しいのだと思います。確かに、考えてみると、紙の上の音符から音が出るはずはなく、それをなんの疑問もなくこなしている我々のほうが、彼にしてみたら、おかしいのかもしれません。

 これは、“ディスレクシア”と似ているように思います。ディスクレシアは字を読むことに困難がある障害で、日本では「難読症」や「識字障害」と呼ばれており、たとえば「Five」と「5」が同一のものとして結びつかないようなことがあります。

 この障害が有名になったのは、アメリカの大俳優、トム・クルーズが自らディスレクシアであると公表してからでしょう。ほかにもキアヌ・リーブスやジェニファー・アニストンも公表しています。俳優の仕事は台本を読んでセリフを暗記して演技するわけですから、彼らは大変な苦労を伴いながら、国際的名俳優としてキャリアを築き上げた方々ばかりです。

 実際に歴史的人物のなかにも、トーマス・エジソン、レオナルド・ダ・ヴィンチ、アルベルト・アインシュタインなどはディスレクシアだったといわわれており、ほかにもその道の第一人者である天才たちの名前が並びます。

音楽家によく見られる特異な現象

 映画『E.T.』(ユニバーサル映画、CIC)や『ジュラシック・パーク』(ユニバーサル、UIP)を監督したスティーヴン・スピルバーグも、ディスクレシアとの診断を受けたそうで、学校を卒業するのにほかの生徒よりも2年多くかかり、今でも台本を読むのに人より2倍の時間を要するといいます。しかし、ここに特別な才能のヒントがあるのかもしれません。文章を読むのに時間がかかることで、むしろ原作を深く読み込み、理解を深めていくことができる可能性があります。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合