三越伊勢丹、クーデターで就任した社長が電撃退任の舞台裏…子会社から“エース”抜擢の画像1
伊勢丹新宿本店(「Wikipedia」より/Kakidai)

 三越伊勢丹ホールディングス(HD)は4月1日付で、子会社の岩田屋三越(福岡市)の細谷敏幸社長(56)が社長に就く。杉江俊彦社長(60)は代表権のない取締役に退き、三越伊勢丹会長に就く。コロナ禍のダメージで2021年3月期に450億円の最終赤字を見込むなど、厳しい経営環境下でのバトンタッチとなった。

 2月26日に開かれたオンライン会見で細谷氏は「百貨店のビジネスモデルは新型コロナにかかわらず、年々市場に受け入れられなくなりつつあった。社内に顧客志向を定着させ、マスから個へと百貨店ビジネスを変えていかなければならない」と、強い危機感を示した。

 細谷氏は87年に早稲田大学法学部を卒業、伊勢丹(現・三越伊勢丹)に入社。本流である婦人服部門で頭角を現わし、エースと呼ばれた。2015年に執行役員に就いてからは婦人雑貨統括部長、特選・宝飾時計統括部長、三越伊勢丹HDの経営企画部長などを歴任した。経営者としての資質を養ったのは30代後半で赴任したマレーシアだった。店舗運営で苦戦したが、販売体制から店員の接客まで一から見直し、立て直した。

 18年4月から業績が低迷していた岩田屋三越の社長を務めた。1000人以上の全社員と直接話し合った。係長級以上の社員とは1年かけて1人ずつ面談した。部署をまたいだ顧客情報の一元管理を始めたほか、接客だけでなく在庫管理など複数の業務を従業員に兼務させた。 

 就任1年後、岩田屋三越の19年3月期決算は営業利益が前期比8割増と大きく改善。コロナ禍に突入した20年3月期は三越伊勢丹HD傘下の三越伊勢丹をはじめ軒並み赤字を出したが、岩田屋三越だけは黒字を計上した。久留米店(福岡県久留米市)の顧客が岩田屋本店と同じサービスを享受できるよう、外商販売やオンライン接客などパーソナルサービスを充実させたことが奏功した。

 杉江社長の後継者選びはコロナ禍の昨年6月から指名・報酬委員会で進められてきた。「地方店の再生で手腕を発揮した」(杉江氏)ことが認められ細谷氏に白羽の矢が立った。

大西洋・元社長を追い落とした労働組合

 2017年、「ミスター百貨店」と呼ばれた大西洋社長(当時)を追い落とすクーデターが勃発した。銀座三越が中国人の“爆買い”の聖地となり、爆発的に売り上げを伸ばした。インバウンドや富裕層による消費が拡大していた時は良かったが、その効果が剥落すると、それまで見過ごされていた経営のひずみが表面化した。都市圏の店舗と比べて地方店の稼ぐ力が極端に落ちていたことに気付かされたわけだ。

 大西社長は大リストラに乗り出した。三越千葉店(千葉市)や多摩センター三越(東京都多摩市)を17年3月末に閉鎖するだけでなく、松山三越(愛媛県松山市)、広島三越(広島市)の売り場縮小を検討すると表明。管理職のポストの1~2割削減を含む人員削減を検討していることを、労働組合に話す前に不用意に明らかにした。旧三越出身者から「三越ばかりが狙い打ちされ、リストラの対象になる」との不満の声が上がり、不協和音が外部に漏れるようになった。

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合