ユニクロ、大人男子が着ると“事故る”懸念ある商品5選…試着せず購入は危険なアイテムの画像1
ユニクロの店舗

 昨年秋に9年ぶりに復活し、商品争奪戦が繰り広げられたジル・サンダーコラボ「+J」の2021年春夏コレクションを、3月19日から展開するユニクロ

 2月16日には、ユニクロを展開するファーストリテイリングが、ZARAを展開するインディテックスの時価総額を上回る10兆8725億円(終値ベース)を記録し、アパレル業界で世界首位となったことも記憶に新しいだろう。

 ユニクロは国内売上高も好調で、20年9月から21年2月の6カ月間の売上高は前年同期比5.6%アップ。コロナ禍においても国内の競合を圧倒する勢いを示している。

 しかしそんなユニクロだが、基本的にベーシックデザインのアイテムが多いものの、あまりファッションに詳しくない方では着こなしが難しかったり、着る人によってはダサくなってしまったりする服も少なからず存在している。

 そこで今回は「Business Journal 買うべき・買ってはいけない調査班」が、「この春、買ってはいけないユニクロの服5選」をリストアップ。そして、恋愛コラムニストで10年以上のファッションライター経験もある堺屋大地氏に、なぜおすすめできないかを解説していただいた。

 今回、以下の3つを基準として選定した。

・ファッションビギナーが着るとダサくなる可能性が高いこと

・“最先端のおしゃれ”すぎて一般ウケしない場合があること

・無理に若ぶっているように見えるなどして女子ウケが悪いこと

国立新美術館 佐藤可士和展 UT グラフィックTシャツシリーズ/1500円(税込、以下同)

 日本を代表するクリエイティブディレクターである佐藤可士和氏が、国立新美術館で2021年2月3日~5月10日に展覧会を開催中。そんな佐藤可士和展とUTのコラボレーションシリーズだ。モチーフはポケモン、マーベル、ミッキーマウス、ペコちゃん、キース・ヘリング、アンディ・ウォーホルなどバリエーション豊富。

「佐藤氏のクリエイティブ性を否定するつもりは一切ありませんが、率直にいって大人男性が着るにはキツイなというデザインのTシャツが、このシリーズには多いです。例えば胸元にポケモンのロゴが堂々と入ったTシャツや、『天才バカボン』のバカボンパパが胸元にプリントされたTシャツなどは、オシャレに着こなすのは相当至難の業でしょう。しかし、キース・ヘリングやジャン=ミシェル・バスキアの作品をモチーフにしたTシャツなどもあり、それらは純粋にスタイリッシュでカッコいいとも感じました」(堺屋氏)

日本土産(NIPPON MIYAGE) UT グラフィックTシャツ(半袖・レギュラーフィット)/990円(値下げ後価格)

 日本の有名観光地である渋谷や京都などをアイコニックなデザインに落とし込んだTシャツシリーズ。両国、豊洲、道頓堀などバリエーションは豊富。

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合