NEW

徳川家定の御台所・篤姫だけじゃない!徳川将軍家と島津家との150年の奇妙なる関係史

文=菊地浩之
【この記事のキーワード】

, , ,

徳川家定の御台所・篤姫だけじゃない!徳川将軍家と島津家との150年の奇妙なる関係史の画像1
NHK大河ドラマ『青天を衝け』では、13代将軍・徳川家定を渡辺大知が、篤姫を上白石萌音が好演している。代々、公家や皇族から正室を迎えることを通例としていた徳川家が、なぜ島津斉彬の養女・篤姫を正室に迎えたのだろうか?(画像は同番組公式サイトより)

その1:始まりは150年前…5代将軍・綱吉の側室の養女、巡り巡って島津藩主・島津継豊に輿入れす

 NHK大河ドラマ『青天を衝け』で、13代将軍・徳川家定(演:渡辺大知)が島津斉彬(なりあきら)の養女・篤姫(演:上白石萌音)を正室に迎える。2008年のNHK大河ドラマ『篤姫』で有名な、あの篤姫である。徳川将軍家は3代将軍・徳川家光以来、公家や皇族から正室を迎えることを通例としていた。それが急になぜ、島津家からなのか。その契機は、実に150年前まで遡る。

 5代将軍・徳川綱吉の側室、大典侍(おおすけ)の局は公家・清閑寺煕定(せいかんじ・ひろさだ)の妹で、煕定の娘・竹姫を江戸に迎えて養女とした。これは大典侍が子に恵まれなかったためにみずから望んだことだといい、竹姫は叔母を介して綱吉の養女となったわけである。

 宝永5(1708)年、幕府は薩摩藩主の嗣子・島津継豊(つぐとよ)と竹姫の婚礼を打診した。ところが、島津家は外様大名としては珍しく他の大名との縁組みには消極的で、一族や公家から正室を迎えることが多かった。継豊はまだ8歳、竹姫も4歳の幼女だったこともあり、島津家はこの縁談を丁重にお断りした。そこで、会津藩主の子や有栖川宮正仁(ありすがわのみや・まさひと)親王との縁談を進めたが、それらの2人はともに若くして死去してしまう。

 そうこうしているうちに、徳川吉宗が8代将軍に就任。吉宗は大奥の縮小化を図っており、行き遅れた竹姫(25歳)の縁談を早急にまとめる必要に駆られていた。一説には、吉宗は竹姫を気に入っており、自分の継室に迎えようとしたが、竹姫は系図上の大叔母にあたるため、家臣が必死に反対して思い止まらせたという。

 そこで、幕府は再び島津継豊との縁談を画策。紙幅の関係で大幅に割愛するが、享保14(1729)年、竹姫は8代将軍・吉宗の養女として島津家に輿入れした。

 婚礼にともない、薩摩藩芝藩邸(東京都港区)の拡張、竹姫の住まいである御守殿(ごしゅでん)の建設ほか、莫大な費用がかかった。

 しかし、竹姫の輿入れで島津家が得たものも大きかった。

 まず、官位である。島津家はそれまで従四位(じゅしい)までしか許されていなかったが、竹姫の輿入れ後は従三位(じゅさんみ)まで昇進できるようになった。ついで、将軍家、大奥と太いパイプができたことである。

その2:再び徳川家から島津家へ…9代将軍・家重、一橋徳川宗尹の娘・保姫と島津重豪との婚姻をすすめる

 江戸時代は先例と格式が重視される。竹姫の輿入れ後、島津家は将軍家との縁談を重ね、政治的な地位を高めることができた。

 9代将軍・徳川家重は、薩摩藩主の子・島津重豪(しげひで)と、自身の姪にあたる一橋徳川宗尹(むねただ)の長女・保姫(やすひめ)との婚礼をすすめた。実はこの重豪、両親を早くに亡くし、義理の祖母・竹姫に育てられた秘蔵っ子だったのだ。

 かくして、宝暦12(1762)年、重豪は保姫と結婚した。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合