NEW
成功はこうやって手に入れろ!「令和のヒットメーカー」の半生記(3)

アパレルの常識を変える「スーツのような作業着」なぜ誕生?大炎上から大ヒット商品に

文=編集部
【この記事のキーワード】, , , ,
アパレルの常識を変える「スーツのような作業着」なぜ誕生?大炎上から大ヒット商品にの画像1
『なぜ、倒産寸前の水道屋がタピオカブームを仕掛け、アパレルでも売れたのか?』(フォレスト出版/関谷有三)

 飲食業界における一大ブームとなった「タピオカミルクティー」。アパレル業界において異例の大ヒットとなった「スーツに見える作業着」。このまったく異なる2つの分野の事業で大成功を収め、「令和のヒットメーカー」という異名を持つオアシスライフスタイルグループ代表取締役CEOの関谷有三氏の原点にあるのは、「水道屋」である。

 では、なぜ関谷氏は水道、飲食、アパレルという3つの異なる分野で、次々に事業を成功させることができたのだろうか。その成功の原理と法則がつづられた『なぜ、倒産寸前の水道屋がタピオカブームを仕掛け、アパレルでも売れたのか?』(フォレスト出版刊)をのぞくと、関谷氏の半生は挑戦に次ぐ挑戦であり、人の心を揺さぶる強い信念を持っていることが感じられる。

 4回にわたるこの連載を通して、関谷氏の軌跡をたどる。第3回は、関谷氏が率いるオアシスライフスタイルグループの3本柱の最後の1本である「アパレル」での大ヒットを追いかける。業界に衝撃を与えた「スーツのような作業着」はどのようにして生まれたのか?

「スーツのような作業着」で業界に一石を投じよう!

 2020年12月時点で導入企業は800社。コロナ禍で服が売れないといわれるご時世において、異例の売り上げを見せている「ワークウェアスーツ(WWS)」。「スーツに見える作業着」というキャッチコピーの通り、見た目は作業着ではなくスーツのようだ。しかし、作業着らしく丈夫で機能的、そして動きやすい。

 ビジネスウェアに革命を起こしているWWSは、このニューノーマルの時代に「ボーダレスウェア」という市場を創出した。そんなWWSが生まれたきっかけは、関谷氏と数人の社員の雑談だったという。

アパレルの常識を変える「スーツのような作業着」なぜ誕生?大炎上から大ヒット商品にの画像2
『なぜ、倒産寸前の水道屋がタピオカブームを仕掛け、アパレルでも売れたのか?』(フォレスト出版/関谷有三)

「若い人を採用するために、水道事業の作業着をカッコよくしませんか」

「作業着は確かに代わり映えしない。おもしろいね! よしやってみよう」

 こうして立ち上がったプロジェクトだが、そううまく事は運ばない。作業着を格好よくしようとしても、なぜだかしっくりこない。それから1年近く経ち、行き詰まってしまった関谷氏に人事部の女性が打開する一言をもたらす。

「スーツみたいなスタイルで作業できませんかね? ホテルのコンシェルジュのような感じでパリッと決まったスーツのような作業着」

 最初は、それは無理だと一蹴した。スーツと作業着はイメージも機能もまったくの逆だ。しかし、よく考えていくうちに、その相対するイメージの間に横たわる大きな壁を乗り越えられるのではないかと思うようになった。

 合同説明会では学生から「地味でダサい。作業着とか着るのは無理です」と言われた水道事業。全国展開も達成し、ビジネス的には成功を収めていたが、イメージは地味などあまり芳しいものではなかった。

 そうしたイメージを服でひっくり返すことができれば、職業観も変わるかもしれない。業界に一石を投じることができるかもしれない。春水堂のときと同じように、熱い想いが込み上げてくる。

「よし、やろう」

『なぜ、倒産寸前の水道屋がタピオカブームを仕掛け、アパレルでも売れたのか?』 あの日本中を巻き込んだブームは“倒産寸前の水道屋”が仕掛けていた! amazon_associate_logo.jpg
RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合