【確認中】『青天を衝け』で死去した阿部正弘ら幕閣の人物評…家柄なくとも抜擢された幕末という時代の画像1
『晴天を衝け』では岸谷五朗が演じる井伊直弼の先祖・井伊直政は、遠江(静岡県西部)の名門家系に生まれ、家康の小姓となり、その才覚によって譜代筆頭に取り上げられた。では、幕閣の主要人物のご先祖様はどのような人物だったのだろうか? (画像はNHK大河ドラマ『青天を衝け』公式サイトより/以下、同)

大老・井伊直弼(いい・なおすけ)は井伊直政の子孫…家康の小姓から譜代筆頭へ

 NHK大河ドラマ『青天を衝け』で、幕閣の中心人物だった阿部正弘(あべ・まさひろ/演:大谷亮平)が死去した。そして、堀田正睦(ほった・まさよし/演:佐土井けん太)がその跡を継ぐが、井伊直弼(いい・なおすけ/演:岸谷五朗)が大老に就任すると、堀田は引退に追い込まれる。

 また、「安政の大獄」と呼ばれた反対派の粛清で、実務担当者だった川路聖謨(かわじ・としあきら/演:平田満)、永井尚志(ながい・なおゆき/演:中村靖日)、岩瀬忠震(いわせ・ただなり/演:川口覚)は謹慎や隠居を申し付けられ、徳川斉昭(とくがわ・なりあき/演:竹中直人)も永蟄居とされた。

 井伊直弼の先祖・井伊直政は、2017年のNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』に出てきたことを覚えている方もいらっしゃるだろう。遠江(静岡県西部)の名門家系に生まれ、家康の小姓となり、その才覚によって譜代筆頭に取り上げられたのだ。では、阿部や堀田など幕閣の主要人物のご先祖様はどのような人物だったのだろうか。

『青天を衝け』で死去した阿部正弘ら幕閣の人物評…家柄なくとも抜擢された幕末という時代の画像1
井伊直弼の4男、井伊直安が明治に入って描いた井伊直弼像。直安は越後与板藩の第10代藩主を務め、そのまま明治維新を迎えた。(画像はWikipediaより、豪徳寺所蔵のもの)

老中・阿部正弘(あべ・まさひろ)のご先祖は家康のご学友…家康を厳しく指導したから嫌われた?

 阿部家は三河出身で、少なくとも家康の祖父の代から仕えていた。

 正弘の先祖・阿部正勝は、家康が尾張の織田家、駿河の今川家の人質になっていた時に同行した、いわば「ご学友」である。

 近年の学説では諸説あるのだが、従来説だと、家康ははじめ今川家の人質になる予定で19人のお供を従えていたが、その途中で織田家に連れ去られ、お供も阿部正勝と平岩親吉(ひらいわ・ちかよし)の2人に絞られた。この2人は駿河時代も共にしている。

 といったわけで、親吉は家康の無二の親友だったらしい。家康が長男・信康を独立させると、親吉をその傅役(かしづきやく・守り役)にした。信康切腹後、親吉は責任を感じて謹慎したが、家康はこれをなだめて甲斐(山梨県)を預け、関東に転封になった時には3万3000石を与えた。家臣団の序列No.6で、結構な厚遇である。そして、親吉に子どもがなかったので、自分の8男・仙千代を養子にして、仙千代が早世すると、9男・尾張徳川義直の傅役として、尾張犬山12万3000石を与えた。

 一方の阿部正勝は――というと、ほとんど評価されなかった。

 関東入国で親吉が3万3000石を賜った時、正勝はわずか5000石だった。あくまで、想像の域を出ないが、2人の違いは年齢にある。親吉は家康と同い年、正勝は1歳年長だった。正勝がお兄さん的な立場で家康を指導したか、もしくは下級生いじめをしたのかもしれない。家康は人質時代のお供を意外に厚遇していないので、いじめられっ子体質だった可能性が高い。

 阿部家が出世するのは、正勝の子・阿部正次(まさつぐ)以降だ。正次は優秀な官僚だったらしく、加増を重ねて最終的には8万6000石を領した。3代将軍・徳川家光の時に、若年寄の原型となる「六人衆」が登用されるのだが、正次の子・阿部重次(しげつぐ)はそのひとりに選ばれた。こうなると、前例踏襲の江戸幕府では強い。歴代当主が老中に選ばれ、「阿部さんちのお子さん、まだ若いけど優秀だから老中にしちゃおうよ」というわけで、幕末の阿部正弘は25歳の若さで老中に就任したのだ。

『青天を衝け』で死去した阿部正弘ら幕閣の人物評…家柄なくとも抜擢された幕末という時代の画像2
若き“エリート老中”であった阿部正弘(画像はWikipediaより、洋画家・二世五姓田芳柳が明治末頃に描いたもの)。その先祖・阿部正勝は、家康の人質時代“ご学友”であった。
RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合