【確認中】トヨタ自動車の御曹司・豊田大輔氏と女優・星蘭ひとみの結婚は宝塚OGの典型的パターン?の画像1
右下の女性が星蘭ひとみ(26)。三浦春馬の遺作ドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』(TBS系)で三浦演じる猿渡慶太の元恋人役で出演していた。その美貌は「宝塚のオードリー・ヘップバーン」と称されるほどだった。(画像は番組公式サイトより)

 文春オンラインは2021年3月16日、トヨタ自動車の豊田章男社長(64)の長男・大輔氏(32)の婚約を報じた。お相手は、元宝塚歌劇団星組・専科娘役の星蘭ひとみ(26)だという。

 トヨタの御曹司のお相手として突然名前が挙がったこの女性、おそらく一般的な認知度は低かったかもしれないが、宝塚ファンなら誰もが知る美貌の女優である。宝塚では将来を渇望されながらもわずか6年目で退団した娘役であり、昨秋には、俳優・三浦春馬の“遺作”『おカネの切れ目が恋のはじまり』(TBS系)に三浦の元恋人役で出演、さらに現在放送中のNHK朝の連続テレビ小説『おちょやん』にも出演していたが、2020年末までに芸能活動には終止符を打っていたという。

 さらに文春報道の続報で、星蘭が出光興産の創業者一族出身であること、幼稚園から高校まで学習院に通い、その14年間、秋篠宮佳子さまのご学友であったことなども報じられ(光文社「Smart FLASH」2021年3月18日)、相当な“ご令嬢”であることが判明したのであった。

【確認中】トヨタ自動車の御曹司・豊田大輔氏と女優・星蘭ひとみの結婚は宝塚OGの典型的パターン?の画像2
結婚が報じられたトヨタ自動車の豊田章男社長(64)の長男・大輔氏(32)。(画像はトヨタ公式You Tube「トヨタイムズ」より)

「卒業後は良妻賢母」は、宝塚歌劇団の創設者・小林一三も想定していた

「宝塚を退団して大企業の御曹司と結婚!」というと、確かに最近では珍しいニュースだったかも知れない。しかし、である。宝塚歌劇団へ入団にするために通わなければならない宝塚音楽学校は、阪急東宝グループ(現・阪急阪神東宝グループ)の創業者である小林一三の肝いりで作られた学校であり、そもそも「卒業後は良妻賢母」となることが目的のひとつとされていたのだ。

「舞台へ出る芸術家のことばかり考えておったけれども、さて舞台人として活躍している人は三十七人しかない。あとは、ほとんど一般の善良な家庭の主婦におさまっているという事実を見ると、将来もどうもそういうふうになるんではないかという気がする」(小林一三『宝塚生い立ちの記』)

 かように小林はもともと、宝塚の卒業生には芸能界で活躍するパターンのほか、結婚して“よき妻”になるパターンも多いことを重々承知していた。

 星蘭は、宝塚入団時からその美貌と圧倒的なスタイルで注目を集め、新人公演で2度のヒロインを務めるなど、将来の「トップ娘役」候補として大切に育てられた。しかも入団5年目には、宝塚でも基本的にはベテランが在籍する専科へ異例の異動、それも映像を主体に活動するといういわば「特別待遇」まで受けた逸材。そうした立場を投げうってまで結婚という道を選んだ……ともいえるが、これも小林一三の考えていた卒業生のあるべき姿のひとつ、ということなのかもしれない。

 はてしかし、星蘭はともかく、結婚という道を選んだその他大勢の宝塚OGたちは、果たして小林一三の目した通りの幸せをつかんでいるのだろうか。本稿では、宝塚OGたちの「結婚パターン」を読み解いてみたい。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合