GU、女性の悩みを解決する「フェムテック」商品を充実…ナイトブラ、吸水ショーツの画像1
GUのサイトより

 2021年、日本はフェムテック元年といわれている。女性を意味するフィメールとテクノロジーを掛け合わせた造語である。最新の技術を使って生理痛や更年期障害といった女性特有の悩みを改善し、病気の早期発見や生活の質の向上を目指す。

 ファーストリテイリング傘下のジーユー(GU)がフェムテック市場に本格参入した。オムロンヘルスケアと協業。プロジェクト「GU BODY LAB」を立ち上げ吸水機能付のショーツなど9商品を発売した。吸水ショーツ「トリプルガードショーツ」は防水シート、吸水シート、さらにもう1枚のシートの3層構造になっていて、約15~20ミリリットルの液体を吸収する。価格は税別1490円。

 ブラジャー「ナイトブラ」(価格は同1490円)は伸びる方向が異なる生地サイドパネルを使用し、就寝時のバストの横流れを軽減。柔らかなカップと肌触りのよいコットン生地を用いることで快適なフィット感を実現したという。2019年、GUは今後の成長戦略のコンセプトとして3つのコネクト宣言を行った。「健康・安心・快適志向」をキーワードにした商品を売り出しており、「GU BODY LAB」は、その一環だ。

 新しいプロジェクトでは女性特有の健康上の課題に着目。すべての女性が自分らしく健康的な毎日を送れるようなアイテムの開発・販売をする。開発にあたりオムロンヘルスケアがフェムテックに関する情報をGUに提供している。欧米ではフェムテックは最新技術を駆使するヘルスケア産業の一角を占める新たな分野と位置付けられている。

 同じファストリ傘下のユニクロは、マスク市場においてエアリズムマスクで旋風を巻き起こした。花粉などの粒子を99%カットするフィルター、紫外線を90%カットするメッシュ素材、そして汗ばんでも、なめらかな肌触りを維持するエアリズムマスクは大人気を博した。女性の健康などの悩みをテクノロジーで解決するフェムテック市場への日本企業の参入は遅れている。GUが先駆者となれるのか。

管理アプリから生まれたフェムテック

 フェムテックという言葉はデンマーク人のイダ・ティン氏が2012年に開発した生理周期を管理するアプリ「Clue(クルー)」への投資を募るために使ったのが初めてだ。投資家の多くは男性なので、女性特有の悩みに関する言葉を使うと資金を得るのが難しいとされていた。「Female(女性)」と「Technology(技術)」を掛け合わせた「Femtech(フェムテック)」という言葉を使えば投資家たちの関心を集めることができるとイダ・ティン氏は考えた。