1強状態の日本テレビ、本当のライバルはテレ朝ではなくフジテレビ?視聴率争いの裏事情の画像1
日本テレビタワー(「Wikipedia」より)

 メディアで連日のように報じられ、そのたびに話題となる「視聴率」。「好調スタート」「2桁キープ」「大爆死」など、その増減によってさまざまな表現で伝えられるが、最近は「視聴率が高い=人気番組」という図式が成り立たないという。

「視聴率が高いと言われる『プレバト!!』(TBS系)ですが、視聴者の8割は高齢者。たとえば、3月18日放送回の視聴率は世帯12.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、個人7.1%でしたが、キッズ(男女4~12歳)の個人視聴率は2.2%、ティーン(男女13~19歳)は2.0%でした。幼い子どもが見ていないということは、同時にその親世代も見ていないことがわかります」(テレビ局関係者)

 では、視聴率で計れない“本当の人気番組”は何なのだろうか?

「F1(20~34歳女性)、F2(35~49歳女性)、M1(20~34歳男性)、M2(35~49歳)に支持される番組です。スポンサー企業にとっては、一度その商品を手にしたら長年愛用する高齢者よりも、目移りしてくれる若年層の方がありがたいのです」(同)

 つまり“真の人気番組”は、そうした限定的なターゲットに刺さり、スポンサー受けする番組ということか。では、そんな“リアル人気番組”には、どんな顔ぶれが並んでいるのだろうか。

高視聴率をキープする『有吉ゼミ』

「まず、圧倒的に日本テレビの番組が多いです。たとえば、有吉弘行による冠番組『有吉ゼミ』。もはや、ほぼ大食い番組と化していますが、何も考えず見る分にはいいのでしょう。3月22日の視聴率は世帯13.7%、個人8.1%と民放では断トツです。F1は8.1%、F2は11.3%、F3(女性50代以上)も9.6%と女性層に人気ですが、実は男性層からも人気があります。M1は5.9%、M2は5.3%、M3(男性50代以上)は7.6%。この時間帯でM1、M2が個人5%を超えるのはなかなか珍しいので、人気のほどがうかがえます」 (同)

 他には、どんな番組があるのだろうか。

「火曜の『踊る!さんま御殿!!』、それに続く『ザ!世界仰天ニュース』、水曜の『有吉の壁』、木曜の『THE突破ファイル』『ぐるナイ』など、どの曜日の番組もF1、F2を確実に押さえています。また、3月20日の『1億3000万人のSHOWチャンネル』は世帯10.8%、個人7.0%と高めの数字ですが、F2は特に高く、10.4%となっています。夜10時~11時の時間帯は『幸せ!ボンビーガール』や水曜ドラマと不安定なラインナップが並んでいますが、日テレのゴールデンタイムの盤石さはしばらく続きそうです」(同)

高齢視聴者に支えられるテレ朝

 視聴率で日テレに次いで民放2位のテレビ朝日はどうなのだろうか。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合