NEW

急病でも搬送先病院が見つからず死亡…大阪・兵庫が医療崩壊、大けがでも入院困難

写真・文=粟野仁雄/ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, ,

急病でも搬送先病院が見つからず死亡…大阪・兵庫が医療崩壊、大けがでも入院困難の画像1
少しやつれて見える吉村洋文大阪府知事

医療崩壊に突入した大阪と神戸

「絶対に交通事故には遭うなよ。入院も手術もしてもらえんままで死んでまうぞ」

 今や阪神間の若者の合言葉だ。4月25日から東京、大阪、兵庫、京都で実施される3度目の緊急事態宣言。今度は「酒類やカラオケを提供する飲食店に休業要請をする」という強烈な措置で、居酒屋などには致命的となった。

 背景には、大阪と神戸の「医療崩壊」がある。4月に入って感染者が連日1000人を超えた大阪府。4月20日に吉村洋文知事が政府に宣言を要請し、1日遅れで井戸敏三兵庫県知事、西脇隆俊京都府知事が要請した。吉村知事は「まん延防止措置では不十分」として独自の「医療非常事態宣言」を発令していたが、ウイルスはそれをあざ笑うかのごとく拡大している。

 大阪市では、40代の女性が感染し重症化したが、入院できず自宅療養のままだ。夫は「妻はおかゆも半分も食べられない。現場の人たちはこんなことになることはわかっていたはずなのに」とNHK番組に出演して訴えていた。70代の女性は新型コロナに感染して重症化し、救急車を呼んだが搬送先が見つからず、2日間も救急車で過ごした。90代の重症患者は24時間以上救急車に「閉じ込め」られた。

 4月22日、府は「府内の重症病床(272床)の使用率が100%を超えた」と発表したが、中等症病床で重症化しながら転院できない患者が、この時点で56人いる。実質的にとっくに100%は超えていた。大阪では入院待ちや調整中の患者が1万人を超えている。

急病でも搬送先病院が見つからず死亡…大阪・兵庫が医療崩壊、大けがでも入院困難の画像2
「変異株への対処法を示してほしい」と訴える井戸敏三兵庫県知事

京都も緊急事態宣言の対象に

 神戸市では、新型コロナに感染し「入院待ち」していた40代の男性が自宅で死亡した。PCR検査で陽性とされたが4月15日に体温が39度に達し、入院が必要となったのに、空いている病院がなかった。男性に基礎疾患はない。神戸市は「ここまで逼迫していなければ入院できていたはず」と医療崩壊を認めている。

 さらに一人暮らしの80代の女性が、入院できないまま死亡した。17日に感染が確認され、呼吸苦を訴え中等症と判断されたが、病床に空きがなく自宅待機となった。保健師が電話などで健康確認をしていたが連絡が取れなくなり、21日に自宅で亡くなっているのが見つかった。この女性は基礎疾患があった。

 このままでは新型コロナ患者だけではなく、急病や大けがでも入院できないケースが続出する。

 井戸知事は全県の感染者数が過去最高の567人となった4月23日の記者会見で、「医療が危機になっている」と表現したものの、「むしろ1月の緊急事態宣言の時のほうが、脳梗塞などで患者さんが多くて危機的だった」とし「崩壊している」とは認めなかった。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合