崇拝された「武田信玄の末裔」…青天を衝けの渋沢栄一も岩崎弥太郎も板垣退助も武田一族?の画像1
戦国時代の武将・武田信玄(画像は高野山・持明院蔵の武田晴信像/Wikipediaより)。三方ヶ原の合戦で徳川家康を打ち破ったことなどから、江戸期以降、“伝説化”が進んだ。

天狗党の総大将・武田耕雲斎は、武田信玄とは無関係

 NHK大河ドラマ『青天を衝け』第14回(5月16日放送)で、天狗党が挙兵。武田耕雲斎(演:津田寛治)が鎮圧に向かったのだが、第15回(5月23日放送)で藤田小四郎(演:藤原季節)に言いくるめられ、逆に総大将に祭り上げられてしまう。「ミイラ取りがミイラになる」という俚諺を地で行くような話だ(実は耕雲斎の長男の妻が、小四郎の叔母に当たる。つまりは親戚なのだ)。

 武田耕雲斎というからには、武田信玄の子孫か一族のような印象を受けるが、あまり関係がない。武田耕雲斎は旧名を跡部伊賀守(あとべ・いがのかみ)正生(読み方わからず)といって、水戸藩士・跡部家に生まれ、武田勝頼の重臣・跡部大炊助勝資(あとべ・おおいのすけ・かつすけ)の子孫と称している。ところが、この跡部勝資は評判の悪い人物だったので、跡部姓から武田姓への改姓を申し出たのだという。

 徳川家康は三方ヶ原の合戦(元亀3【1572】年)で完膚なきまでに叩きのめされたこともあり、武田信玄を崇拝していた。なので、江戸時代になると甲州流軍学というのがはやり、『甲陽軍鑑』(こうようぐんかん)という、武田家の合戦を記した軍記物が大いにはやった。そこでは、武⽥家が没落したのは、信⽞の⼦・勝頼の側近のせいにされており、そのひとりが跡部勝資だったわけだ。

 跡部家は武田一族ではなく、小笠原家の子孫と称している。だから、武田耕雲斎の家紋は、武田一族が使う「割菱」(わりびし)や「花菱」(はなびし)ではなく、小笠原一族が使う「三階菱」(さんかいびし)によく似た「松皮菱」(まつかわびし)なのだ。

崇拝された「武田信玄の末裔」…青天を衝けの渋沢栄一も岩崎弥太郎も板垣退助も武田一族?の画像4
天狗党の乱は、元治元年(1864年)に水戸藩内外の尊王攘夷派(天狗党)によって起こされた一連の争乱。鎮圧に向かった武田耕雲斎は、逆に総大将に祭り上げられてしまった。(画像は、明治時代の浮世絵師・歌川国輝による「近世史略 武田耕雲斎筑波山之図」)

実は渋沢栄一も武田一族を自称…「甲斐国の渋沢に縁があって」というが実際は?

 実は『青天を衝け』の主人公・渋沢栄一(演:吉沢亮)も武田一派を名乗っていたらしい。

 武田氏族の逸見又太郎義重(へみ・またたろう・よししげ)の子、渋沢又二郎義継(しぶさわ・またじろう・よしつぐ)が甲斐国北巨摩郡渋沢村(山梨県北杜市長坂町渋沢)に移り住んで、渋沢を名乗ったというのだ。その子孫が関東管領・上杉家に仕え、武蔵の血洗島に移り住んだというのだが、話半分くらいで聞いておこう。

 逸見家は、厳密にいうと武田一族ではなく、その前に別れた家系で、この一族がよく使う家紋は「五階菱」(ごかいびし)なのだが、渋沢家の家紋は「違柏」(ちがいかしわ)。全然違うじゃないか?

 さて、ここから話が脱線していくのだが、室町時代、逸見家の子孫が若狭(福井県南西部)武田家の家老にいたのだが、織田信長が近畿・北陸の一部を制覇すると衰退し、その領地は織田家臣の溝口秀勝(みぞぐち・ひでかつ)に与えられた。江戸時代、溝口家は越後新発田藩の大名になるのだが、逸見家とはまったく関係がなかったのに、その一族だったと偽系図を作って、家紋も「五階菱」を使い始めた。

 幕末、新発田藩の庄屋の息子に、江戸に出て官軍・幕軍の双方に鉄砲を売って大儲けした御仁がいた。大倉喜八郎という。喜八郎は日本でも有数の金持ちとなり、大倉財閥を設立。息子の大倉喜七郎に、主家の溝口家から嫁さんを迎えて、「成金趣味」だと非難囂々(ひなんごうごう)を浴びた。

 大倉家はちゃっかり「五階菱」を変形させた家紋を使っているので、溝口家からもらった(実際には大金をはたいて買った)のだろう。喜七郎が設立したホテルオークラには、五階菱をあしらった意匠があるという。

【参照記事】新潟日報記事「新潟を思い 五階菱と歩み~ホテルオークラ新潟40年」

崇拝された「武田信玄の末裔」…青天を衝けの渋沢栄一も岩崎弥太郎も板垣退助も武田一族?の画像5
『青天を衝け』の主人公・渋沢栄一も武田一派を名乗っていたらしいが、渋沢家の家紋は「違柏」。全然違うじゃないか?(写真はWikipediaより)
RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合