NEW

揺れる横浜市長選挙、立憲推薦の山中竹春氏と若手のエース中谷一馬氏に聞いた(上)

構成=編集部
【この記事のキーワード】

, ,

揺れる横浜市長選挙、立憲推薦の山中竹春氏と若手のエース中谷一馬氏に聞いた(上)の画像1
山中竹春氏

 8月22日投開票の横浜市長選挙が大混乱の様相を呈している。これまでカジノ誘致が主要争点となっていたが、菅義偉政権の支持率低迷が深刻なこともあり、これまで推進の旗を振っていた自⺠党神奈川県連の大多数が一気に方針転換。彼らが支援するのは、カジノ誘致の反対を表明している前国家公安委員⻑の小此木八郎氏。そのほかにも現職の林文子市長、元神奈川県知事の松沢成文氏、元長野県知事の田中康夫氏など候補者は10人程度が見込まれ多い。それなりに有力候補がそろい、全く先の読めない選挙情勢となっているが、立憲民主党が推薦する前横浜市医学部教授の山中竹春氏と、同党の若手のエースと評される中谷一馬衆議(横浜市港北区・都筑区の神奈川7区)にインタビューする機会を得た。上下2回にわたり、政策方針などについて幅広く聞いた。

―神奈川県は菅義偉首相のお膝元、その県庁所在地の横浜市の首長選挙ということもあり、今回の横浜市長選挙は盛り上がりそうですね。山中さんはこのコロナ禍で研究者として注目を集めました。

山中)ありがとうございます。「中和抗体」というのがキーワードになりましたけど、コロナのワクチンが日本人にも効くというデータを初めて出すことができて、それがかなりマスコミにも取り上げられるようになり、日本全体で知ってもらった。あれは多くの日本人がワクチン接種に向かうきっかけになるデータとなったと思うので、すごく良かったです。

中谷)報道ステーションやミヤネ屋など様々な報道番組で大絶賛でした。

山中)多くの出演機会を頂きましたし、ニュースなどでも各社に報道して頂きました。ワクチンが変異株に効く、ベータ株、デルタ株等にも効果を発揮する、また2回打てば免疫がより上がるという結果でしたが、海外との結果とも遜色、矛盾のない結果でしたので、日本人でもそういった結果を得られたのは凄く良かったですね。

―山中さんのご経歴について伺いたい。

中谷)山中さんはもともと文系の政治経済を早稲田で勉強されたのに、そのあと大学院に行って理工学を学ばれてデータサイエンティストとして活動されていったんですけれども、どういう気持ちがあってこちらの道に進んだのか、是非教えて頂きたいと思います。

山中) まず、高校が早稲田の附属高校で、ラグビー部でずっと朝から晩までラグビーをやっていました。とにかくこの練習の苦しみから逃れたいと思ったことが何度もありましたが(笑)、全国大会出場を目指して本気でやっていました。附属高校ということもあって、ラグビーに専念しすぎて、恥ずかしながら将来のことを高校生の時にはあまり深く考えていなかったんですね。それで、いったんは政治経済学部というところに行ったのですが、最初は実はアルバイトばっかりやっていたのです。

―どんなアルバイトをやっていたんですか?

山中)本屋さんや居酒屋の店員、ビルの清掃、もう色々やりましたね。多分高校の時にラグビーをやっていて自分の時間が取れなかったので、社会活動と言ったら言い過ぎですけどアルバイトに精を出していました。その時にできた交友関係が未だに続いたりもするので、それはそれで凄く良かったです。でもアルバイトをやりすぎて結構大学の単位を落としちゃったんですね。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合