NEW
篠崎靖男「世界を渡り歩いた指揮者の目」

クラシックオーケストラ、なぜ超厳格な感染対策?ウーバーイーツで生計を維持する音楽家も

文=篠崎靖男/指揮者
クラシックオーケストラ、なぜ超厳格な感染対策?ウーバーイーツで生計を維持する音楽家もの画像1
「Getty Images」より

 東京2020オリンピック競技大会が開幕し、日本選手のメダルラッシュに僕も感動の毎日です。新型コロナウイルスの感染が拡大するなかで大会が開催されたことについて、各メダリストがインタビューの際に感謝の言葉を述べていることにも心が動かされます。

 スポーツ選手も、オリンピック開催前の中止論議のなかでトレーニングを積むのは、苦しい時間だったと思います。かく言う指揮者の僕も、特に昨年、コンサートがキャンセル続きだった頃には本当に参りました。

 開催されるかわからないコンサートのために、なんとかモチベーションを保ちながら、必死に一日中スコアを勉強する日々がずっと続き、公演ギリギリになって、マネージャーからコンサート中止の連絡が届く。僕はがっくりと肩を落として、勉強をしていたスコアを楽譜棚に戻す――。そんなことが連続しました。

 それは、ほかの指揮者や、朝から晩まで練習をしているソリスト、オーケストラの団員や歌手も同じだったと思います。

 運悪く感染してしまったら仕方がないわけですが、同じく怖いのは濃厚接触者になることです。2週間の外出自粛となり、感染していなくても仕事はすべてキャンセル。もちろん、指揮者やソリストは収入がゼロになります。そんなわけで、音楽家の感染症対策は一般の方よりもしっかりとやっているように思いますし、僕が知る限り、日本人の指揮者やソリストで新型コロナに感染した人はいません。

 これはオーケストラ楽員も同じです。それこそ本番直前になって、特に管打楽器奏者の1人でも欠けてしまったらオーケストラは演奏できなくなるだけでなく、そもそもコンサート自体も中止になってしまいます。

オーケストラの感染対策

 もちろん現在では、新型コロナ感染症への対処法もわかってきたので、オーケストラも盛んに演奏を繰り広げて多くの音楽ファンの耳を楽しませていますが、読者の皆様がオーケストラコンサートに行かれた場合、「ちゃんと感染症対策をしているの?」と疑問に感じるかもしれません。

 会場に着いた観客は、チケットの半券を自分でちぎって所定の箱に入れるだけでなく、別紙に住所や電話番号を座席番号と一緒に書いて提出し、プログラムすらも自分で取るので、ホール係員との接触はありません。入場する際の検温消毒は言うまでもなく、演奏会中もマスク着用が求められます。そんななか、ステージを見てみると、オーケストラはマスクもなく、これまで通り密集して弾いているように見えるのです。

 しかしながら、それは見た目だけです。もし、ドローンで上から眺めたとしたら、しっかりと感染症対策が施されていることに気づくでしょう。

 まず、オーケストラの場合は楽員全員が指揮者を向いて演奏しているので、楽員同士は対面しません。弦楽器や打楽器奏者であっても政府基準の1m程度の間隔をあけ、楽器に呼気を吹き込む管楽器奏者は1.5m程度の間隔を取ることが多いのです。これは通常の配置よりもかなり広げているため、演奏に支障が出るか出ないかギリギリで、最初のころは戸惑いも多くありました。オーケストラを使った実証実験では、演奏を通して、それほど飛沫が飛ばないことがわかっているのですが、やはり念には念を入れて厳しい対策をしています。

 ただ、例外は指揮者で、すべての楽員と対面することになるので、オーケストラとは2m近く距離を取ることとなり、普段よりも孤独感が増しています。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合