NEW

『宮迫ですッ!』での配信も画策?…吉本スタッフが語る、宮迫博之の“悲しきひとり相撲”

文=藤原三星
【確認中】『宮迫ですッ!』での配信も画策?…吉本スタッフが語る、宮迫博之の“悲しきひとり相撲”の画像1
ついに雨上がり決死隊の解散が決定。画像はABEMAにて配信された『『アメトーーク特別編 雨上がり決死隊解散報告会』より)

 宮迫博之が“震源地”となったあの闇営業騒動から2年、ついに雨上がり決死隊が解散した。

 8月17日、吉本興業のYouTubeチャンネルとABEMAにおいて、『アメトーーク特別編 雨上がり決死隊解散報告会』なる特別番組が約2時間にわたって配信されたが、解散を決意したのは宮迫の相方、蛍原徹とのこと。その決定的な原因は、「宮迫がYouTubeを始め、気持ちにズレが生じたこと」だと蛍原が明かし、今年4月に蛍原のほうから解散を切り出したのだという。

 今回の番組は配信当日まで極秘で進められていたといい、吉本興業内部のスタッフも多くがまったく知らなかったという。現在同社内に勤務するあるスタッフは、匿名を条件にこう明かす。

「雨上がり決死隊が今年4月から解散に向けて動きだしていたこと、あんな大がかりな配信番組が水面下で企画されていたことなど、我々のような末端スタッフにはまったく知らされていませんでした。周りの同僚に聞いても、一般の方々同様、17日朝のネット記事によって初めて雨上がりの解散と番組の配信を知ったという者がほとんどでした。

 社内的には『宮迫さんの吉本復帰は絶望的』という声が多数でしたが、まさかこのタイミングで解散になるとは……。『アメトーーク!』(テレビ朝日系)は続いてますし、有料の動画サブスク『アメトーークCLUB』も始まったばかりなので、雨上がり決死隊という屋号をなくすのはあまりにも時期が悪いですよね。

 とはいえ、義理を重んじる蛍原さんは騒動以前からコンビでやっていたレギュラー番組はすべて降板して仁義を切ろうともしたそうですが、結局『アメトーーク!』は今までと変わらず続行することが決定。なので今回の解散で、ビジネス的な意味での吉本へのダメージはほとんどなかったとは思います。配信中の一般視聴者からのコメントを見ても、解散を惜しむ声は少なかったですしね。さみしいものです……」

自身のYouTubeチャンネルでも配信できないかと画策していた宮迫のひとり相撲

 確かに、雨上がり決死隊は開店休業状態のまま、YouTuberとしてひとり気を吐く宮迫博之……という構図は、古巣である吉本興業と宮迫本人との間の溝を深める大きな要因になったのは間違いない。配信番組内で吐露されていたように、1989年の結成から32年もの長きにわたって連れ添った相方・蛍原もまた、宮迫との間にズレを感じ苦悩していたのはまぎれもない事実であろう。

「あとから聞いてびっくりしたのですが、今回の配信を宮迫さんは、自身のYouTubeチャンネル『宮迫ですッ!』でも生配信できないかと画策していたようなんです。でも今回の件って、吉本サイドと『アメトーーク!』のスタッフさんが、“雨上がり決死隊の最高の幕引き”をお茶の間に届けるために、水面下で数カ月にわたって調整を重ねてきたものなわけですよ。だからこそ、吉本のYouTubeチャンネルとABEMAでのみ配信するのがスジだと思うのですが、それを宮迫さんは、ねえ……。解散の原因を自ら作っておいて、さらにその結果としての解散番組でカネを稼ぐつもりだったのかと思うと、やるせなくなります。

 蛍原さんは、『よりにもよって、ロンブー亮さん(ロンドンブーツ1号2号の田村亮)の復帰会見の前日に宮迫さんが自身のYouTubeチャンネルを開設したことが理解できなかった』とも語っていましたけど、あれはほんと、吉本芸人一同の総意だと思います。ロンブー亮さんは相方の淳さんの助言を受け入れ、きちんと謹慎をすることで、あの復帰会見へとつなげることができた。それに水を差すかのごとく、あの復帰会見前日に宮迫さんがYouTuberデビューしたのは、ただ単に“芸能界復帰”の先を越されたくなかっただけなのは明々白々。まさに、“ナルシシスト宮迫”による暴挙ですよ。これはほんと、吉本社内でも、蛮行として後世に語り継がれていくと思いますね」(前出・吉本興業スタッフ)

【確認中】『宮迫ですッ!』での配信も画策?…吉本スタッフが語る、宮迫博之の“悲しきひとり相撲”の画像2
『アメトーーク特別編 雨上がり決死隊解散報告会』の配信を、自身のYouTubeチャンネル『宮迫ですッ!』でも生配信できないかと画策していたという宮迫博之。8月19日には同チャンネルで「昨日のアメトーーク!を終えて、お伝えしたいことがあります」というタイトルの動画を配信した。(画像は同YouTubeチャンネルより)
RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合