NEW
片田珠美「精神科女医のたわごと」

硫酸事件:花森容疑者、妄想性パーソナリティ障害・統合失調症の可能性…些細な言動に恨み抱く

文=片田珠美/精神科医
【この記事のキーワード】

, ,

硫酸事件:花森容疑者、妄想性パーソナリティ障害・統合失調症の可能性…些細な言動に恨み抱くの画像1
花森弘卓容疑者(警視庁のHPより)

 東京メトロ白金高輪駅で22歳の男性に硫酸をかけたとして、傷害容疑で逮捕された25歳の花森弘卓容疑者は、「大学時代、(被害者の)男性の態度が悪かった」という趣旨の供述をしているという。一方、被害者の男性も、「数人で一緒にいる時に(花森容疑者に)ため口を使ったところ、『年齢が上なのにため口はおかしい』と怒られた」と話しているようだ。

 花森容疑者と被害者の男性は、琉球大学の映画関連サークルで先輩・後輩の関係だったらしく、花森容疑者が後輩に対等の話し方をされたことで恨みを募らせ、男性を狙った可能性も考えられる。ただ、「それくらいのことで、ここまで恨みを募らせ、執拗につけ狙って、硫酸をかけるだろうか」「ため口に腹を立てたのはわかるが、その恨みを長年持ち続けて復讐するのは、過剰反応なのではないか」という感想を抱く方が大多数に違いない。

 だが、世の中には、客観的には悪意のない些細な言葉や態度のように見えても、その中に自分をけなしたり、馬鹿にしたりする意味が込められていると感じる人が一定の割合で存在する。こういう人は、自分の性格や評判に対して他人にはわからないような微妙な仕方で攻撃されていると思い込んで、怒ることもある。しかも、自分が軽蔑されたり、侮辱されたりして傷つけられたと1度でも感じると、決して許さず、その恨みをずっと抱き続ける。

 このように自分が受けたと感じる侮辱に過敏で、攻撃的になりやすいうえ、その恨みが長期間にわたって持続する人は、アメリカ精神医学会が作成した診断基準DSM-5に従えば、「妄想性パーソナリティ障害(Paranoid Personality Disorder)」と診断される。花森容疑者も、この診断基準に該当するように見える。

 花森容疑者は、琉球大学在学中は周囲と距離を置いて行動していたし、静岡大学に編入後も、実家で1人暮らしで、いつも1人で行動していたという。両親とも他界した影響もあるとは思うが、孤独を深めていた印象を受ける。こうした傾向は、「妄想性パーソナリティ障害」の人にしばしば認められる。

 なぜかといえば、猜疑心と警戒心が強く、友人や仲間の誠実さを不当に疑うため、なかなか、うちとけられないからだ。おまけに、十分な根拠もないのに、他人が自分を利用するのではないか、危害を加えるのではないか、あるいはだますのではないかという疑惑にさいなまれていることも少なくない。

「妄想性パーソナリティ障害」の人は、他人が悪意を持って自分を迫害してくるように感じる傾向が強いため、危険が差し迫っているという不合理な恐怖を抱きやすい。そのうえ、屈辱や侮辱を受けたと本人が思い込んでいる過去の体験を繰り返し思い返しては憤慨するので、年月を経ても燃えたぎるような怒りと恨みがまったく衰えない。むしろ増幅される。その結果、他人に対する激しい憎悪と復讐願望が醸成されるが、「やられたのだから、やり返してもいい」と自らの復讐を正当化しがちである。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合