NEW
村井英一「お金の健康法」

投資家が押さえておくべき「コロナワクチン接種率の進捗状況と株式相場の展開見通し」

文=村井英一/家計の診断・相談室、ファイナンシャル・プランナー
【この記事のキーワード】

, ,

投資家が押さえておくべき「コロナワクチン接種率の進捗状況と株式相場の展開見通し」の画像1
「Getty Images」より

 国際通貨基金(IMF)が7月に公表した2021年の経済成長率(GDP成長率)の予想では、日本が2.8%なのに対して、アメリカは7.0%となっています。新型コロナウイルス感染症のワクチン接種率の差が、景気の差となって表れているようです。この点については、5月にこのサイトに掲載された私の記事(「米国経済、早くもコロナ脱出で好景気真っただ中‥政府、日本と真逆の大胆&迅速な対応」)でもご紹介いたしました。この時(2021年4月末時点)で、ワクチンを2回接種した人の割合は、アメリカではすでに4割を超えていましたが、日本はまだ始まったばかりでした。

 ところが、それから4カ月が経過し、状況が変わってきました。日本では、ワクチンの配分や予約でトラブルを起こしながらも、順調に接種を進めており、8月末の時点で約45%の人が2回の接種を終えました。それに対してアメリカはようやく50%を超えたあたりで、接種率が伸び悩んでいます。接種に前向きな人は早くに申し込みますが、慎重な人やのんびりしている人もいますから、どの国でも徐々に接種率の上昇ペースが遅くなる傾向はあります。しかし、それにしてもかなりペースが遅くなっています。

 1つには、ひところに比べると感染者数が減少し、新型コロナに対する危機意識が薄れていることがあるでしょう。アメリカではすでに景気が回復し、コロナ禍が終息したような雰囲気もあります。もう1つは、トランプ支持者などで、頑なにワクチン接種を拒否している人がいるということです。信念で拒んでいるのですから、政府や自治体が接種を促しても、なかなか応じてもらえないでしょう。

 今のペースで行けば、近いうちに日本がアメリカを追い抜いてしまいます。もちろん、日本にも接種に慎重な人もいますし、忙しくてなかなか時間が取れない人もいるでしょう。しかし、日本人の横並び意識を考えると、このままのペースで接種が進んでいくかもしれません。

 すると、日本でも新型コロナの感染者数が減少し、アメリカのような好景気が訪れるのでしょうか?

「今の状況」だけで判断しない

 ワクチンの接種率が一定の水準まで上昇すると、集団免疫ができ、感染の広がりが抑えられるといわれています。以前は6~7割の接種で集団免疫ができるとされていましたが、感染力が強いデルタ株の影響で、8~9割は必要になったとの見方もあります。実際、イギリスでは接種率が6割を超えていますが、デルタ株によって感染が増えています。

 日本のワクチン接種のペースが、今後どのように変化するかにもよりますが、今のペースで行けば、年内にはかなり高い割合の人が「接種済み」となります。集団免疫ができるのかはわかりませんが、コロナ感染の脅威は今よりも小さくなるのではないでしょうか。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合