NEW
高橋暁子「ITなんかに負けない」

TikTok、実は過去1年でDL数が急増していた…ユーザー年齢層、じわり上昇のワケ

文=高橋暁子/ITジャーナリスト・成蹊大学客員教授
【この記事のキーワード】, ,
TikTok、実は過去1年でDL数が急増していた…ユーザー年齢層、じわり上昇のワケの画像1
Apple公式ストアより

 コロナ禍でどのようなアプリが成長しているのだろうか。この時期のアプリの成長には、コロナ禍が大きく影響しているようだ。アップアニーが発表した2020年の世界各国におけるアプリダウンロード数から分析していこう。

コロナ禍でヒットを飛ばしたTikTokが一位

 2020年の世界のアプリダウンロード数を調べたところ、TikTokが第1位となり、続いてFacebook、WhatsApp、Instagram、Facebook Messengerとなった。2019年時点での世界で最もダウンロードされたアプリは、1位からFacebook Messenger、Facebook、WhatsApp、TikTok、Instagramだったため、この1年でTikTokが躍進したことがわかる。

 日本でもコロナ禍で、TikTokは「#休校チャレンジ」「#プランクチャレンジ」など、さまざまな流行を生み出していた。ローティーン中心から徐々に上の年齢層にまで流行が広がっていき、多くのユーザーが使うようになっている。

 しかし、TikTokにとって2020年はむしろ危機的状況だったことを覚えているだろうか。8月にトランプ大統領が米国におけるTikTok、WeChatの新規ダウンロードを禁止、バイトダンス社に対してTikTokの米国事業売却を迫ったのだ。2021年6月にバイデン大統領により撤回され配信再開となっているが、インドではTikTokなど中国製の59アプリは禁止されたままだ。

 なお、2020年の世界におけるランキングは以下の通りだ。2〜5位まではFacebook社のアプリが続いている。

1位 TikTok(中国/ショート動画アプリ)

2位 Facebook(米/ソーシャルメディア)

3位 WhatsApp(米/メッセージアプリ)

4位 Instagram(米/ソーシャルメディア)

5位 Facebook Messenger(米/メッセージアプリ)

6位 Snapchat(米/ソーシャルメディア)

7位 テレグラム(露/メッセージアプリ)

8位  Likee(中国/ショート動画アプリ)

9位 Pinterest(米/ソーシャルメディア)

10位 Twitter(米/ソーシャルメディア)

 テレグラムもSnapchatも一定時間で投稿が消える点が共通しており、プライバシーを考えて消えることが重視されたと思われる。テレグラムは、反体制デモのあった香港やタイで、当局による監視の目から逃れたい学生を中心に利用が広がったという。

 SNSで募集された闇バイトからの強盗事件のうち、警視庁捜査1課が2019年以降に摘発した強盗事件の95%超で、犯行グループがテレグラムを使っていたことがわかっており、日本では違法な事件での利用が目立っている。

マッチングアプリや音声コミュニケーションも人気に

 一方、日本における2020年のアプリダウンロードランキングは以下の通りだ。

1位 LINE

2位 Instagram

3位 TikTok

4位 Twitter

5位 Pinterest

6位 Facebook

7位 TownWi-Fi by GMO

8位 Pairs

9位 Discord

10位 Yahoo Mail

 LINEが前年の2位からトップになり、日本におけるLINEの圧倒的人気が感じられる。ただし、中国の業務委託先から国内の個人情報を閲覧できる状態となっていたことが発覚して自治体における利用停止が進むなど、データ管理管理不備が課題となっている。なお、TownWi-Fi by GMOは街中のフリーWi-Fiに自動で接続するアプリであり、パケットを節約したいユーザーが少なくなかったことがわかる。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合