NEW

『青天を衝け』堤真一じゃないほうの平岡準蔵って誰?…家康に仕えた平岡一族の数奇な運命

文=菊地浩之
【この記事のキーワード】, , ,
『青天を衝け』堤真一じゃないほうの平岡準蔵って誰?…家康に仕えた平岡一族の数奇な運命の画像1
静岡県静岡市にある駿府城。徳川家康の居城としても知られている。NHK大河ドラマ『青天を衝け』では、慶喜が謹慎している駿府に向かった渋沢栄一は思いがけず駿府藩の勘定組頭を命じられ……。(画像はWikipediaより)

明治維新後、渋沢栄一は駿府藩で大久保一翁に面会…その隣りにいた駿府藩の重臣・平岡準蔵とは?

 NHK大河ドラマ『青天を衝け』第26回(9月12日放送)で、渋沢栄一(演:吉沢亮)は駿府藩(のちの静岡藩)徳川家に向かう。

 意外に知られていないが、明治維新後、徳川将軍家(徳川宗家)は一大名として駿河静岡に転封されたのだ。栄一は一橋徳川家の家臣だったが、徳川慶喜(演:草彅剛)が将軍家を継ぐにともなって、慶喜に従って将軍家家臣=幕臣となった。明治維新で慶喜が謹慎を余儀なくされ、家督を田安徳川亀之助(のちの家達/いえさと)に譲ると、栄一の主は慶喜ではなく、徳川宗家=駿府藩ということになる。ややこしいが、それが江戸時代(もう明治時代なのだが)の論理なのだ。

 話が横にそれたが、栄一は駿府藩で重臣の大久保一翁(いちおう/演:木場勝巳)と平岡準蔵(演:大竹直)に面会する。

 ん? また、平岡か?

 残念ながら、一橋家家臣・平岡円四郎(演:堤真一)と準蔵は親戚ではない。たまたま苗字が同じだけで、赤の他人だったらしい。

もともとは甲斐武田家に仕えた平岡家…初代・平岡道成は家康に仕えるも、その後子孫は改易と復帰を繰り返す

 そもそも平岡準蔵の家系はどのようなものだったのか?

 平岡家の先祖は甲斐武田家に仕え、初代・平岡道成は武田家滅亡後に家康に仕え、甲斐国の代官となった。

 甲斐出身の代官で有名な人物に、大久保長安(ちょうあん)がいる。猿楽師の子に生まれ、金山開発で手腕を発揮し、江戸幕府創成期の経済官僚として絶頂を極めたが、その死後不正蓄財が発覚し、改易された。

 道成の子・平岡千道(ちみち)も同郷の大久保長安と親しかったらしく、大久保家改易に連座し、謹慎の目に遭ったが、後に許された。2代将軍・徳川秀忠の末男、徳川忠長が甲斐甲府藩主に任ぜられると、千道は忠長附となった。

 千道の子・平岡吉道は父と同じく忠長に仕えていたが、秀忠の死後、3代将軍・徳川家光によって忠長は改易。吉道は浪人になってしまうが、その後、家光に召し抱えられて幕臣に復帰。代官職を務めた。

 吉道の子・平岡道益(みちます)は、家光の次男・徳川綱重(6代将軍・家宣の父)が甲斐甲府藩主に任ぜられると、綱重附となった。甲斐国で農民一揆があった責任を取らされ、改易されたが、のちに復帰する(本当にこの家は改易と復帰の繰り返しが多い)。

 道益の子・平岡道哿(みちたか)は、綱重の子・家宣が将軍職に就くと、家宣に従って幕臣に取り立てられ、300俵を賜った。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合