NEW
大崎孝徳「なにが正しいのやら?」

住友生命・Vitalityは、ココがすごい!IT活用で他社商品と明確な差別化

文=大﨑孝徳/神奈川大学経営学部国際経営学科教授
【この記事のキーワード】, ,
住友生命・Vitalityは、ココがすごい!IT活用で他社商品と明確な差別化の画像1
住友生命保険HPより

 以前、運動不足を解消しようとジムに通っていたことがある。しかし、程なく退会してしまった。元来、体を動かすのは好きなほうだが、何をやっても退屈で仕方なかった。たとえば、ランニングマシンを利用しても空しく、せめてこの運動エネルギーにより発電し、発電量に応じて何十円というレベルでもよいので、キャッシュバックしてもらえるような仕組みがあれば少しは張り合いが出るのに…と思ったことがある。

 筆者に限らず、運動を習慣化させることが上手くできないという人は少なくないだろう。

 住友生命保険が2018年にサービスを開始した健康増進型保険「Vitality(バイタリティ)」は、顧客の運動の習慣化に寄与するユニークな商品である。従来の生命保険はリスクに備えるためのものであったが、“Vitalityは「運動や健康診断などの取組みをポイント化し評価する」という仕組みを通じて、リスクそのものを減らす健康プログラムである”とホームページで紹介されている。

 具体的には、毎年のウォーキングやランニングといった取り組み(専用アプリで計測)と健診結果を4段階で評価し、1年ごとに保険料を見直す仕組みになっている。最高のステータスである「ゴールド」になると保険料が前年より2%割引され、逆に最低の「ブルー」なら2%割増となる。さらに、アディダス、スターバックス、ローソンなどにおける優待サービスも特典として用意されている。こうしたサービスにより、実際、加入者の歩行数は1割程度、増加しているようだ。

 健康と判断された人は入院や死亡のリスクが低いため、加入時から保険料を割り引く商品は以前から多く存在していた。また近年、毎年の健診結果によって保険料が変動する商品も登場してきているが、実際の運動量を考慮している点はVitalityのユニークさといえるだろう。

 こうしたユニークな商品の日本での発売にあたり、住友生命は健康増進型保険で実績のある南アフリカの保険会社であるディスカバリーと提携している。さらに、「スミセイ・デジタル・イノベーション・ラボ」を開設し、東京とシリコンバレーに拠点を設け、インステック(インシュアランスとテクノロジーを組み合わせた造語)技術を高める体制を整えている。

『「高く売る」ためのマーケティングの教科書』 プレミアム商品やサービスを誰よりも知り尽くす気鋭のマーケティング研究者が、「マーケティング=高く売ること」という持論に基づき、高く売るための原理原則としてのマーケティングの基礎理論、その応用法、さらにはその裏を行く方法論を明快に整理して、かつ豊富な事例を交えて解説します。 amazon_associate_logo.jpg
RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合