NEW
鬼塚眞子「目を背けてはいけないお金のはなし」

関節の激痛や倦怠感、自己免疫疾患の可能性も…患者が増加、重要な保険の知識

文=鬼塚眞子/一般社団法人日本保険ジャーナリスト協会代表、一般社団法人介護相続コンシェルジュ協会代表、治験審査委員
【この記事のキーワード】, ,
関節の激痛や倦怠感、自己免疫疾患の可能性も…患者が増加、重要な保険の知識の画像1
「Getty Images」より

 新型コロナウイルス感染拡大に伴いクローズアップされたのが「免疫力」だ。免疫とは、体内に入ってくるウイルスや細菌などから体内を守る自己防衛の仕組みだ。納豆やヨーグルト、キムチといった発酵食品が腸内環境を整え、免疫力アップに効果的で新型コロナ感染防止につながるとの報道も盛んにされ、一時スーパーの棚からこれらが消えるという社会現象も生まれた。

 その一方で「自己免疫疾患」が毎年増加しているというのは、ご存じだろうか。自己免疫疾患とは、本来なら自分を守ってくれるはずの免疫が、自分自身の正常な組織や細胞をめがけて攻撃を仕掛け、発熱や倦怠感、臓器や筋肉、関節などのさまざまな箇所に痛みや症状を発症してしまう疾病だ。関節などに違和感を感じ、徐々に関節や筋肉痛にこわばりなどが発症し、臓器などに影響を与えるのが一般的のようだ。「朝起きたら、筋肉がコンクリートのようにこわばって、立つことも座ることもできず、動かすたびに激痛が走った」と急変する人もいる。あるいは倦怠感がひどい人もいる。

 代表的な疾病に膠原病(30種類ともいわれる疾病の総称)がある。自己免疫疾患には関節リウマチや全身性エリテマトーデスのように全身の臓器などに発症する「全身性自己免疫疾患」とバセドウ病や橋本甲状腺炎などの「臓器特異的自己免疫疾患」に大別される。

 関節リウマチが自己免疫疾患の一つというのは意外かもしれない。ただ、高齢者がかかる病気と思うのは、大いなる誤解だ。東京女子医大の膠原病リウマチ痛風センターのHPが次のように解説している。

「関節リウマチ(Rheumatoid Arthritis)は自己免疫疾患の一つで、全国で患者数が70万〜80万人と推定され、いわゆるリウマチ性疾患の中でもっとも患者数が多い疾患です。男女比は1対4と女性に多く、働き盛りの30〜50歳代が発症のピークと考えられています」

 小児がかかるケースもある。自己免疫疾患の患者総数については東京大学科学技術振興機構(JST)が2015年11月6日のリリースで「自己免疫疾患の患者数は、日本国内だけでも数百万人と見積もられている」と発表している(共同発表:自己免疫疾患を防ぐ遺伝子Fezf2の発見~Fezf2は自己抗原の発現を制御し免疫寛容を成立させる~)。ちなみに東京大学医学部付属病院のHPによると2020年度の患者数(入院および通院)は、2万455人にのぼる。

 自己免疫疾患のなかには、難病に指定されている疾病も少なくない。厚労省の補助事業である難病情報センターの特定疾患医療受給者証所持者数を見ると、申請者数は平成20年には64万7604人が、平成26年には92万5,646人と約1.5倍に増えている(特定疾患医療受給者証所持者数 – 難病情報センター)。

 そのなかから、自己免疫疾患になり、特定疾患医療受給者証を所持する人をピックアップしてみる。自己免疫疾患がすべて特定難病疾病に該当するわけではないが、表を見る限り、毎年増えていることがわかる。

関節の激痛や倦怠感、自己免疫疾患の可能性も…患者が増加、重要な保険の知識の画像2

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合