NEW
千葉哲幸「フードサービス最前線」

高級食パン・ブームの先駆者「一本堂」、急拡大の経営の秘密…食パンのFC化を実現

文=千葉哲幸/フードサービスジャーナリスト
【この記事のキーワード】, ,
一本堂
東京・新宿御苑にある「一本堂 新宿本店」。紺の大きな暖簾が老舗の雰囲気を醸し出している

コロナ禍でも伸び続けている「高級食パン」の先駆者が信念としていること

高級食パンブーム」が続いている。セブン-イレブンが「金の食パン」を商品化したのが2013年。10年代の前半に一世を風靡した「俺のイタリアン」「俺のフレンチ」が「俺のBakery&Cafe」1号店を恵比寿にオープンしたのが16年。21年に出店が加速している「One Hundred Bakery」1号店が池袋にオープンしたのは19年。この業態は過当競争となって閉店している事例がある一方で、コロナ禍で夜営業が厳しくなっているなか、新規出店の事例が相次いでいる。最近では「〇〇妻」「自己中〇〇」など奇抜な店名も増え、この業態特有の現象を感じさせる。

 高級食パンブームのトレンドをつくってきた存在として、「一本堂」というチェーンが挙げられる。創業は13年3月、大阪市都島区高倉町で9坪の店からスタートした。現在はFC(フランチャイズ)メインで全国に約140店舗を展開している。筆者が訪ねることが多い東京・十条の商店街のなかに同店があり、地元の顧客がパンを買い求める光景が見られる。奇をてらうところはまったくなく、顧客の日常に根差した「街のパン屋さん」という存在感がある。

学習塾のFC展開で“急成長”を体験

一本堂
「一本堂」(IFC)の代表、谷舗治也氏。学習塾のFC開発、飲食店のコンサルタントのキャリアを経て「高級食パンのFCチェーン展開」に至った

「一本堂」を展開するのはIFC株式会社(本社/東京都新宿区、代表/谷舗<たにしき>治也)。創業者であり現代表の谷舗氏は1959年生まれ。大学卒業後、製薬会社に勤務、その後学習塾に勤務し、FC全国展開の立ち上げを行った。ここでは2年間で200店舗という実績をつくり、FCの仕組みを体得した。

 学習塾の会社を退社してから、飲食業界のコンサルタントを行った。その過程で、ほかの人の事業を支援するのではなく、自ら事業を立ち上げようと考えた。それは「日常的な存在」であること、そして「説明が不要」なものということ。

 ここで、ある“ひらめき”のきっかけとなったのが、製薬会社に勤務していた当時の出来事。その会社ではドイツのバイエル社が開発したアスピリン(解熱鎮痛薬の一つ)を注射薬にして新しい可能性を切り拓いた。アスピリンは当時飲み薬しかなく、注射薬にするのは技術的に困難であったことから、その発想すら存在しなかったという。谷舗氏は当時同社がアピールしていた文言をしっかりと記憶していた。

「アスピリンは誰でも知っている薬だが、注射薬にすることで効果が数倍早くなる。だから、誰でも知っているものが、表現の仕方を変えるだけで汎用性が格段に広がる」

 この発想をベースにして谷舗氏はこれから取り組む事業に対して「古くて新しい」というキーワードを付与した。

一本堂
売り場には製造された食パンが並べられて出来立ての香りが漂っている

食パンをFC展開する仕組みをつくる

 ある日、高級スーパーで同店の人気商品である「ホテル食パン」を購入した。購入の動機となったのは「ただいま焼きあがりました」というキャッチフレーズ。帰路そのパンを自転車の前かごに入れていたのだが、一口つまんでみたところ温かく大層おいしく感じられた。また一口、また一口と食べ続け、家に到着したときには食べきってしまっていた。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合