NEW

PayPay還元率を爆上げさせる裏ワザ…公共料金と税金はコンビニ請求書払いに?

取材・文=清談社
【この記事のキーワード】, ,
PayPay還元率を爆上げさせる裏ワザ…公共料金と税金はコンビニ請求書払いに?の画像1
PayPay

 QRコード決済で国内トップのシェアを獲得しているPayPay。メインの決済法として日常的に使っているという人も増えているが、見落としがちなPayPayのお得テクニックや還元率の効率的な上げ方、そして12月から発行が開始された「PayPayカード」との連携などを改めて解説する。

公共料金と税金の支払いに利用

 PayPayがお得な点はいくつかあるが、基本となるのは決済時に「PayPayボーナス」と呼ばれる還元が受けられる点にある。その還元率の鍵を握るのが「PayPayステップ」だ。現在、PayPayの基本還元率は0.5%だが、このPayPayステップの条件をすべてクリアすれば最大1.5%まで上げることができる。

 条件のひとつめは、1カ月の間に「300円以上の決済回数30回および決済金額5万円以上」を達成すれば0.5%加算されるというもの。さらに3つのYahoo!系サービスの利用、そしてYahoo!プレミアム会員登録、PayPayアカウントとYahoo! JAPAN IDの連携という条件をクリアすれば、追加で0.5%還元が受けられる。つまり、還元率を最大の1.5%まで引き上げるには、この4つのステップを達成しなければならないのだ。

 このなかで比較的簡単で、すぐに還元率を上げられるのは「ひと月に300円以上の決済回数30回および決済金額5万円以上」だろう。この「300円以上の決済回数30回」というのは、日々のコンビニの買い物などを欠かさずPayPay払いにすれば達成できそうだが、この「5万円以上」という壁が意外に高く、難しい。

 そこでおすすめしたいテクニックが、「請求書払い」で公共料金や税金をPayPay払いにすることだ。自動引き落としにしていない場合に限るが、自宅に郵送されてくる公共料金や税金のバーコード入りの請求書をPayPayアプリでスキャンすれば、どこでも簡単に支払うことができる。電気、ガス、水道、そして住民税や健康保険料など、必要経費かつ大きな金額となりやすい公共料金や税金の支払いをPayPayにすれば、かなりの決済額を稼げる。ちなみに、この請求書払いでもPayPayボーナス(達成状況に応じて0.5~1.5%)が還元される。

 ほかにも「さとふる」を経由してふるさと納税をPayPay払いにするのも有効だ。こちらも通常通り還元が受けられ、さらにお得なキャンペーンなども行われているので、ぜひ利用しておきたい。

簡単に達成できるYahoo!系サービス3選

 上記の方法で0.5%は達成できそうだが、さらにハードルが高いのが3つのYahoo!系サービスの利用という条件だ。対象になるサービスは「PayPayモールまたはYahoo!ショッピングで1回1000円以上の利用」「PayPayフリマまたはヤフオク!で1回1000円以上の落札・購入」「Yahoo!トラベルで1回1000円以上の予約」「ebookjapanで電子書籍の買い物を300円以上」「LOHACO by ASKULで1000円以上の買い物を1回」の5つで、このなかから3つを達成すれば条件クリアとなる。

RANKING
  • マネー
  • ビジネス
  • 総合