NEW
篠崎靖男「世界を渡り歩いた指揮者の目」

指揮者でオーケストラの音は変わる?指揮の振り方と生まれる音楽の不思議な関係

文=篠崎靖男/指揮者
【この記事のキーワード】,
指揮者でオーケストラの音は変わる?指揮の振り方と生まれる音楽の不思議な関係の画像1
指揮者とオーケストラ(「Getty Images」より)

「指揮者だけはわからない」

 これは日本で有数の音楽事務所の中心的人物のひとりとして長年、日本のみならず世界の超一流指揮者やソリスト、オーケストラ、オペラのマネジメントを手がけてこられ、音楽業界では知らない人がいないような方から伺った言葉です。

 指揮者の何がわからないのかというと、なぜこの指揮者が認められているのか、もっと言えば、どうしてこの指揮者の指揮から、最高のオーケストラサウンドが引き出されるのか、まったくわからないという意味なのです。

 僕も、自分が指揮を振るだけでなく、これまで多くの指揮者を見てきました。なかには「見ているだけで音楽が湧いてくるような凄い指揮」と、うならされるような指揮者はいます。20世紀の大巨匠ヘルベルト・フォン・カラヤン氏や、日本を代表する指揮者・小澤征爾氏などは、見ているだけで感動するくらいです。

 美しくエレガントな指揮をして、素晴らしい音楽を奏でるだけでなく、世界中の女性ファンも虜にするような指揮者もいます。しかし、ものすごく不器用で、お世辞にも美しいとはいえない指揮をしているにもかかわらず、オーケストラから引き出している音楽は感動的で、こよなく美しいという指揮者もいるのです。

 指揮というのは不思議です。きれいでわかりやすい指揮であっても、オーケストラから出る音楽がそれほどでもない指揮者もいれば、ただ3拍子や4拍子の形を淡々と指揮しているだけにもかかわらず、ものすごい音楽が出てくる指揮者もいます。「こんな指揮なのに、なぜ飛び抜けて大活躍をしているのかわからない」という疑問こそが、長年マネージャーをしていた方の結論なのだと思います。

「指揮者で、音は変わるのでしょうか?」

 これは、よく聞かれる質問です。最初に答えを申しますと、Yesであり、Noでもあります。どんな指揮者が指揮をしても、ベートーヴェン交響曲第5番『運命』の音楽は同じです。ここがクラシック音楽と、ジャズやポップスとの違いです。

 クラシック音楽の場合、たとえば、ある種の現代音楽のように「ここからは好きに弾いてほしい」といった指示がない限り、楽譜の通りに演奏します。『運命』は誰が演奏しても「ジャジャジャジャーン」で始まり、仮に指揮者が「今回は“ジャジャーン”にしてほしい」と言ったところで、オーケストラの楽員は困ったような、怒ったような顔をしておしまいです。もっと言えば、テンポが速すぎたり遅すぎたりするだけでも、困った顔をして「本番もこのテンポでしょうか?」と、怒ったように質問されてしまいます。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合