NEW
たかぎこういち「“イケてる大先輩”が一刀両断」

アマゾン、ファッション実店舗の全貌…圧巻の最先端システム、ユニクロ等の脅威に

文=たかぎこういち/タカギ&アソシエイツ代表、東京モード学園講師
【この記事のキーワード】, ,

アマゾンのYouTube公式チャンネルより

 2021年8月に米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは、アマゾン・ドット・コムが複数の百貨店業態のリアル店舗を展開する計画があると報じていた。しかし今月20日にホームページ上でファッションに特化したリアル店舗「アマゾン・スタイル」を、ロサンゼルスのショッピングモール「アメリカーナ・アット・ブランド」に年末までにオープンすると発表。倉庫を含めた店舗面積は約2,800平方メートルで、アパレル、靴、アクセサリー類を販売する。

 ニューヨーク・タイムズによると、アマゾンの世界流通総額(GMV=Gross Merchandise Value)が米小売り最大手のウォルマートを初めて抜いたという。21年6月末までの1年間でアマゾンの流通総額は6100億ドル(約67兆円)だった。そのなかでも衣料品分野で業績を伸ばしている。

 米銀大手ウェルズ・ファーゴによると、アマゾンはすでに米国最大の衣料品小売業者である。オリジナルブランドも100以上を展開している。20年の衣料品と靴を合わせた販売額は前年比15%増の410億ドル(約4兆5100億円)。21年は同約10%増の450億ドル(約4兆9500億円)超になるとウェルズ・ファーゴは予測している。まさにガリバーであるが、今回発表されたリアル店舗展開の狙いを考えてみたい。

1.発表されたリアル新店舗の機能

ガーナ移民の子からヴィトン革命児へ…ヴァージル・アブロー、ファッション界の破壊の画像1
『アパレル業界のしくみとビジネスがこれ1冊でしっかりわかる教科書』(たかぎこういち/総合法令出版)

「Amazon Style(アマゾン・スタイル)」のHP上に公開されているリアル店舗映像を見てみると、店内には多様なブランドのアイテムがゆったりと展示され、展示商品は公式オンラインストアとすべて共有されている。顧客はアイテムごとのQRコードをアマゾンショッピングアプリでスキャンし、サイズや色、レビューといった詳細情報をその場で確認できる。

 映像で見る限り、面倒な接客もなく、気に入ったアイテムが見つかればQRコードを読み取った後に表示される試着ボタンをタップすると、試着アイテムと試着室の予約となる。試着室は40室あり、パーソナル空間と呼べる快適な広さとタッチパネルディスプレイが備えつけられている。選んだアイテムが試着室に用意されると通知が届き、試着室番号が案内される。試着室のキーもショッピングアプリで解錠するシステムである。

 試着室には予約したアイテムだけでなく、顧客がこれまでアマゾンで利用してきたデータに基づいてピックアップされた推薦アイテムも用意され、着数の制限もない。オフラインの最大の課題であった試着を快適な体験に進化させている。備え付けのタッチスクリーンでアイテムの評価や他のアイテムのリクエストも可能な上、希望したアイテムは数分で併設されている倉庫から試着室へと送られる。

RANKING

11:30更新
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合