NEW
江川紹子の「事件ウオッチ」第197回

【江川紹子の提言】警察によるDNA型“無秩序採取”を問う…個人データ利用の法整備を

文=江川紹子/ジャーナリスト
【この記事のキーワード】, ,
警察庁が入居する中央合同庁舎第2号館
警察は積極的にDNA型の採取・保管を推奨しているが、法整備の遅れにより、長らく不透明な運用が続いている。写真は、警察庁が入居する中央合同庁舎第2号館(写真:アフロ)

 無罪判決が確定した男性の顔写真や指紋、DNA型を警察庁のデータベースから削除するよう命じた名古屋地裁の判決を不服として、国が控訴した。捜査段階で警察が集めたDNA型などの個人データは、不起訴や無罪の場合にどうするかなどを定めた明文化された規定がなく、警察の判断に委ねられている。国は、高度な個人情報の扱いを、ルールも決めないまま、いつまで警察任せにするのだろうか。

裁判所が断じた警察内部の「脆弱な規定」

 裁判を起こしたのは、名古屋市瑞穂区の薬剤師、奥田恭正さん(65)。近隣住民と共に、低層の住宅が立ち並ぶ地域に高層マンションを建設する計画に反対する運動をしていた奥田さんは、2016年10月7日、マンション建設現場の前で、現場監督の男性の通報を受けて駆けつけた愛知県警の警察官に、現行犯逮捕された。男性は、奥田さんの両手で胸を押されて突き飛ばされた、と訴えていた。さらに、後ろを徐行していたダンプカーの側面に背中が接触したため、全治1週間の「左背部打撲」を負った、とも訴えた。

 逮捕された奥田さんは、瑞穂警察署で指紋を採られ、次いで綿棒を使ってDNA型を判定するための口腔内細胞を採取された。顔写真も撮影された。勾留は同月21日まで続き、同日暴行罪で起訴された。

 裁判で無罪の決め手になったのは、奥田さんの背後から撮影されていた防犯カメラの映像。そこには、男性が申告したような暴行場面はなく、男性は、腕組みしたままの奥田さんを抱えるようにした後、1人で後ろに飛び退くような動作が映っていた。しかも、コマ送りした画像を見ると、打撲があったと主張する男性の身体左側はトラックに接触しておらず、触れた可能性があるのは「右側」だった。

 男性や目撃証人となった警備員の証言も不自然で、名古屋地裁は「犯罪の証明がない」として無罪とした。検察側は控訴せず、判決は一審で確定した。

 にもかかわらず、奥田さんの写真、指紋、DNA型は、警察庁のデータベースから削除されなかった。国は、「犯罪捜査に資することを目的として整理保管」していることを認めている。

「逮捕前の私に戻してほしい」という思いで提訴した裁判。1月18日の名古屋地裁判決は、国や愛知県などへの損害賠償請求は退けたものの、個人データの保管については、「(指紋やDNA型などを)公権力からみだりに取得されない自由が保障され、みだりに利用されない自由が保障される」としたうえで、「犯罪の証明がないと確定した以上は、それ以降の継続的な保管の根拠が薄弱になるといわざるを得ない」と判示した。さらに奥田さんには「余罪や再犯の可能性」は認められず、データは「保管する必要はなくなった」と断じた。さらに判決は、ドイツなど諸外国を比べても、日本は「みだりに利用されない自由」を保護する法的なルールが「脆弱」と指摘している。

RANKING

23:30更新
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合