NEW
片田珠美「精神科女医のたわごと」

平野歩夢の金メダル獲得に学ぶ、「怒り」を生産的な方向に向け成功を導く方法

文=片田珠美/精神科医
【この記事のキーワード】, ,
平野歩夢の金メダル獲得に学ぶ、「怒り」を生産的な方向に向け成功を導く方法の画像1
平野歩夢のオフィシャルサイトより

 北京五輪のスノーボード男子ハーフパイプ決勝で、平野歩夢選手が悲願の金メダルを手にした。その原動力になったのは怒りのようだ。2回目の試技で、超大技の「トリプルコーク1440(斜め軸に縦3回転、横4回転)」を組み込んだ構成を五輪で初めて成功させたにもかかわらず、得点が91・75で2位だった。そのため、「2回目の得点には納得いかなかった。その怒りをうまく最後に表現できた」という。結果的に、3回目の試技で96・00の高得点を獲得し、大逆転したのだから、実にあっぱれだ。

 たしかに、ド素人の私から見ても、2回目の試技は素晴らしく、あれで2位というのは納得できなかった。本人はなおさらそうだったはずで、平野選手自身も試合後「おかしいなと思って、イライラしてて」と振り返っている。

 もっとも、納得がいかずイライラすれば、精神的に動揺して、3回目の試技に悪影響が出ても不思議ではない。にもかかわらず、「この怒りが切れないなかの3本目。それはいい意味で、いつも以上に、怒りとともに集中できていた」というのだから、本当にメンタルが強いのだろう。

怒りは大きな原動力になる

 同様に怒りを原動力にした成功者として思い起こされるのは、青色発光ダイオード(LED)の開発で2014年のノーベル物理学賞を受賞した中村修二氏である。中村氏は記者会見で、研究の原動力について「アンガー(怒り)だ。今もときどき怒り、それがやる気になっている」と述べた。さらに、「怒りがなければ、今日の私はなかった」とも冗談交じりに話している。

 この「怒りがなければ、今日の私はなかった」というのは、私自身も感じていることだ。自分自身を成功者と称するのはおこがましいが、ちょっとした成功体験ならある。その原動力になったのは怒りにほかならない。

 かなり前の話だが、あるバラエティー番組の収録に参加した際に目にした女性歌手の言動を新聞の連載で取り上げたところ、記事がネット上にアップされた途端、テレビ局や制作会社の方から何度も電話がかかってきて、削除要請を受けた。

 その番組はすでに放映されていたので、なぜ削除しなければならないのか見当がつかなかったのだが、「収録中に見聞きしたことを口外しない」という一文のある誓約書にサインしているからというのが、その理由だった。たしかに、収録前に「サインしてください」と差し出された1枚の紙に署名捺印した覚えがあったので、「内容も確認せずに署名捺印した私がうかつだったんだから」と自分に言い聞かせて、渋々削除した。

 ただ、そのときに感じた敗北感は半端ではなかった。その女性歌手の言動が理不尽だと感じたからこそ、告発したい気持ちもあって、「ペンは剣よりも強し」という思いをこめて書いたのに、削除する羽目になったのだから。

RANKING

5:30更新
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合