NEW

悠仁さま、入賞作文で盗用疑惑の報道…秋篠宮家「皇室利用」問題、筑波大附属高・進学も

文=Business Journal編集部
【この記事のキーワード】, ,
悠仁さま、入賞作文で盗用疑惑の報道…秋篠宮家「皇室利用」問題、筑波大附属高・進学もの画像1
宮内庁のHPより

 16日、「NEWSポストセブン」と「デイリー新潮」は、秋篠宮家の長男、悠仁さまが文学賞に応募し入賞された作文の一部記述で“盗用疑惑”が浮上していると報じている。

 問題となっている作文は、2021年に福岡県北九州市主催の「第12回子どもノンフィクション文学賞」で佳作に選ばれた作文。悠仁さまが小笠原諸島を訪問した際の様子や心境を綴られたものだが、「ポストセブン」「新潮」によれば、その作文のなかで書籍『世界遺産 小笠原』(JTBパブリッシング)や国立研究開発法人「国立環境研究所」のHPからコピペしたとみれる個所が複数あるという。

 ちなみに同文学賞の募集要項には「人の文章を勝手に使ってはいけません」との注意書きがみられるが、悠仁さまの作文には引用元の明記や、通常の引用でみられる「 」書きなどはなく、無断引用ではないかと取り沙汰されているという。

「引用元とされる文章と悠仁さまが書かれた文章を読み比べれば、細かい表現まで酷似しており、悠仁さまがそれらの文章を参照されたことは明らか。ただ、悠仁さまはまだ15歳でおられるので、第三者の文章を引用する場合の一般的なルールを単純にご存じなかっただけとも考えられ、“いけないこと”だというご認識をお持ちになられていないだけではないか。

 ただ、もし仮に悠仁さまの作文が募集要項に違反していることが明らかになっても、入賞が取り消されないようなことになれば、“皇族ゆえの特別扱い”という見方が国民の間で広まる懸念もある」(皇室を取材する記者)

高校進学問題

 悠仁さまをめぐっては、このところ逆風ともいえる状況が続いている。悠仁さまは現在、お茶の水女子大学附属中学校に通われておられ、現在3年生。同大学の附属高校は女子校のため、本来であれば悠仁さまは別の高校を受験される必要があり、昨年以降、悠仁さまの進学に関してさまざまな情報が錯綜していた。そうしたなか、お茶の水女子大と筑波大学が結んでいる提携校進学制度を利用して“受験なし”で、難関校である筑波大附属高校へ進学するという選択が最有力視されてきた。

「悠仁さまはこの制度を利用して筑波大附属中学に進学する予定だったものの、ちょうど17~18年にかけて秋篠宮家の長女・眞子さまと小室圭さんの結婚問題で小室さんの“皇室利用”がクローズアップされたこともあり、秋篠宮さまは世論から批判が起こる懸念を抱かれ、悠仁さまは制度を利用せずにお茶の水女子大附属中に内部進学したという報道も出ている。

 さらにこの制度が設置されたのが、悠仁さまがお茶の水女子大附属中に入学される2年前の17年であることが明るみに出て、さらに今回はこの制度を使って筑波大附属高へ進学されるという観測が出たことで、“裏口ルート”“皇室利用”ではないかという批判が広まっていた。

悠仁さま、入賞作文で盗用疑惑の報道…秋篠宮家「皇室利用」問題、筑波大附属高・進学ものページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

RANKING

23:30更新
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合